turkeyriceのブログ

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。

ボンドが愛したカクテルがここに!:007 オフィシャルカクテルブック “Shaken: Drinking with James Bond and Ian Fleming”

f:id:turkeyrice:20190321181356g:plain
f:id:turkeyrice:20190321183609p:plain

 007ファンにはたまらない本です。昨年10月に出版された「Shaken: Drinking with James Bond and Ian Fleming」は,007シリーズの作品に登場するお酒を網羅した本です。

 This book is somewhat fabulous for fans of 007. “Shaken: Drinking with James Bond and Ian Fleming”, published last October, is a book which covers all the drink appearing in the books of the 007 series. 

f:id:turkeyrice:20190321181545j:plain
f:id:turkeyrice:20190321181600j:plain
contents and items

 目次を見ると各章のタイトルはカクテルの分類に沿って分けられています。各記事のタイトルはカクテルの名前だったり,登場人物の名前だったり,ときには本のタイトルそのものだったりします。最初に取り上げられているのは,やはりドライ・マティーニです。このカクテルについては前書きに面白いことが書いてありました。作中に登場する回数ではドライ・マティーニは1番ではないというのです。1位はシャンパンで121回の言及があり,2位はウイスキーで77回とのことでした。ボンドの決め台詞として知られる「ステアでなくシェイクで」というのは,作者のフレミング自身の好みだったようです。

 Taking a look at the table of contents, I see chapters are organized according to the categories of cocktails. Each chapter has such items as name of a cocktail, a character’s name, and sometimes a title of a book. The first article in this book is predictably about dry martini. In the introduction, however, I found something interesting written there about dry martini. It was pointed out that dry martini is not the highest one considering the frequency of appearance as a drink in the works. The one appears most is champagne, one hundred and twenty-one times, and the next is whiskey which appears seventy-seven times. “Shaken and not stirred.”, Bond’s killer line, is something Ian Fleming always used to say.

f:id:turkeyrice:20190321182255p:plain
f:id:turkeyrice:20190321181809j:plain

 ボンドの真似をしたくて,お酒の飲めるお店に入って,生まれて初めて頼んだカクテルはドライ・マティーニでした。ワクワクしながらオリーブの実が入ったそれを初めて口に含んだ時,顔をしかめてしまいました。間違えて洗剤を入れられたのでは,疑いたくなるほどに飲みにくい代物でした。それ以来,ドライ・マティーニを注文したことがほとんど無い自分は,ずっと大人になれないままでいるような気がしています。

 The cocktail I had for the first time in a bar was dry martini because I wanted to pretend someone who is a drinker like James Bond. I was exhilarated when I saw the cocktail with a fruit of olive in it, but I made a face as soon as I sipped it. It was so hard to swallow that I even doubt they mistakenly mixed detergent or something. I’ve scarcely ordered dry martini since then and I have a feeling that I won’t become grown-up.

 この本は発売と同時にキンドルでダウンロードしました。時間があるときに少しずつ味わいながら読み進めています。残念ながら,日本語版の予定は,今のところないようです。このブログで少しずつ紹介していこうと思います。

 I downloaded this book as soon as it was published online. I’m reading it little by little finding time to do so. Unfortunately, I haven’t heard that the Japanese version will be published in the near future. I’d like to mention this book now and then. 

Shaken: Drinking with James Bond and Ian Fleming, the official cocktail book

Shaken: Drinking with James Bond and Ian Fleming, the official cocktail book

 

 

 

turkeyrice.hateblo.jp

turkeyrice.hateblo.jp

turkeyrice.hateblo.jp 

リトグリのMotown Super Medley 良すぎでは: “Motown Super Medley” by Little Glee Monster is incredibly good!

 モータウンって,実はJ-popのバックボーンでは,と感じています。リトグリのアルバムに入っている“Motown Super Medley”がクセになって,もうヘビロテしまくっています。

 Now I have an idea that the Motown sound has greatly influenced Japanese pop music. I’m listening to “Motown Super Medley”, which is contained Little Glee Monsters’ album, again and again because it is somewhat addictive. 

  モータウンメドレーと言っても,本当のモータウンレーベルの楽曲ではありません。彼女たちがこれまでに歌った曲をモータウン風にアレンジしたものです。ここで取り上げられている曲は以下の通りです。

 The title says “Motown” but the songs are not ones from Motown Label. They are just arranged like the Motown sound and the songs are their own. Let me show you the title of each song.

 

「青春フォトグラフ」→「Hop! Step! Jump!」→「Go My way!」→「Girls be free!」→「書きかけの未来」→「放課後ハイファイブ」 


【Little Glee Monster】青春フォトグラフ【リトグリ】


Little Glee Monster『Go My Way! -short ver.-』音源


[ぷいぷい]放課後ハイファイブ/Little Glee Monster[リトグリ通信]

 リトグリ初心者の自分にとっては1曲1曲が新鮮な上に,どれもが甲乙つけがたくいい曲ばかりです。しかも,その味付けが,自分がもともと大好きなモータウン風ですから好きにならないわけがありません。

 Each song of these is something new to me who has just become a fan of Little Glee Monster recently, plus each one of them is so good that I can’t decide which song is better.

 ジャクソン5,シュープリームス,マーサ&ザ・ヴァンデラスといったモータウンサウンドに感じていたワクワク感がここにあふれています。ボーカルとコーラスの掛け合いやタンバリンの裏打ち,ホーンの使い方など,現在の日本人がキャッチーだと感じる要素がここにあるような気がしてなりません。

 You can find the same sense of excitement you felt to the Motown Sound by such groups  as The Jackson 5, The Supremes, Martha and the Vandellas and so on. There must be many elements there, which are something Japanese listeners feel catchy , for example, the call-and-response singing style, the back beat with tambourines, and the way of using brass section.

 このモータウンメドレーだけで15分34秒の長さがありますが,これを含めて17曲が入ったアルバム「FLAVA」は本当に大サービスの1枚です。

 This “Motown Super Medley” solely takes fifteen minutes and thirty four seconds to be played, so the album “FLAVA” which contains 17 tracks including this medley is a bargain, absolutely. 

FLAVA(特典なし)

FLAVA(特典なし)

 

 

turkeyrice.hateblo.jp

 

読みハマる本 「ホーネット・フライト」ケン・フォレット著:I can call it a page-turner “Hornet Flight” by Ken Follett

 レジスタンスと恋と複葉機,一種のスパイ小説と言えるこの本には,ワクワクする要素がてんこ盛りです。第2次大戦中のデンマークを舞台とするこのお話は,イギリスの作家,ケン・フォレットが書いたもので,2002年に出版されました。

 There are many elements that makes you feel excited in this story, which is a kind of spy thriller, such as resistance, couples in love, and a biplane. This story, which is set in Denmark during World War Ⅱ, was written by Ken Follett, a British author, and published in 2002.

 1941年,西部戦線において,イギリスは孤立していました。チャーチル首相は,ドイツのテリトリーに対し,大規模な爆撃を計画したのですが,どうしたことか待ち伏せに遭い,多くの爆撃機が撃墜されてしまったのでした。その頃,デンマークに住む18歳の学生,ハラルド・オウフセンはドイツ軍の侵略に対し恭順を選んだ母国に,不満を募らせていました。ある晩の帰り道,彼は近道をしようとドイツ軍の基地を通り抜けます。彼はそこで空に向けて回転する謎の建造物を発見するのですが……。

 By late June 1941, the U.K. stood alone on the Western Front. Winston Churchill, the Prime Minister at that time, planned a massive aerial bombardment of German territories but somehow they were ambushed and Bomber Command’s planes were shot down in record numbers. Meanwhile, 18-year-old Danish schoolboy Harald Olufsen grows increasingly dissatisfied with his country's cooperation with the German invaders. One night, he took a short cut by sneaking through the German base on his way home and he found a mysterious installation that was rotating toward the sky…….

 戦後の体制からは想像しづらいですが,この1941年頃の状況というのは,連合軍にとって絶望的なものだったに違いありません。ナチスによるヨーロッパの侵略はほぼ完了寸前だったように思えます。ノルマンディー上陸作戦の大勝利に至るまでの間に,この形成を覆すための小さなドラマがどれだけ積み重ねられたのか,想像もできないほどです。そこにはこの小説に出てくるような、無名のヒーローがたくさんいたのだと思います。

 It is quite difficult for us, who has only experienced the current regime after the war, to imagine what the situation in 1941 was like, but it must have been desperate for Allies. It appears that the invasion by Nazi Germany was almost completed then. I can’t imagine how many unknown tiny dramas were there before the victory of D-day. I’m sure there must have been so many unknown heroes like the one in this novel.    

f:id:turkeyrice:20190317122939g:plain

Hornet moth from wikipedia

 この小説では,ハラルドが恋人の家の倉庫で発見する複葉機,ホーネット・モスが重要な役割を果たします。軍用機でもなんでもなく,練習機としてよく使用されたというこの小さな複葉機が,作戦成功のカギを握っているというところもこのお話のワクワクできるところです。

 A biplane called Hornet moth, which Harald find in a hangar of his girlfriend’s house, plays a significant role in the plot. The plane is not a warplane but just a civilian, and it is sometimes even used as a trainer. The fact that this tiny plane is crucial for the military operation is the point which makes readers exhilarated so much. 

Hornet Flight (English Edition)

Hornet Flight (English Edition)

 

 

ホーネット,飛翔せよ〈上〉 (ヴィレッジブックス)

ホーネット,飛翔せよ〈上〉 (ヴィレッジブックス)

 
ホーネット、飛翔せよ〈下〉 (ヴィレッジブックス)

ホーネット、飛翔せよ〈下〉 (ヴィレッジブックス)

 

 

turkeyrice.hateblo.jp

 

 

オランダの戦争サスペンス映画 「ブラックブック」(2006年公開):A war drama thriller film which was produced in Netherlands. “Black Book” released in 2006

 ナチス占領下のオランダにおける,ユダヤ人のレジスタンス活動を描いた映画です。主人公のユダヤ人女性ラヘルを演じたのは,カリス・ファン・ハウテンというオランダの女優です。

 This is a movie about Jewish resistance movements in Netherlands occupied by Nazi regime. Rachel Stein, the protagonist who is a female Jew, is played by a beautiful Dutch actress called Carice van Houten

f:id:turkeyrice:20190316033445g:plain

  1944年,オランダに住むユダヤ人の歌手ラヘル・シュタインはナチスから身を隠して暮らしていました。連合軍の誤爆により,隠れ家を失ったラヘルは,連合軍に解放されたオランダ南部へと,ある弁護士のつてで家族とともにボートで向かいます。しかし,なぜか待ち伏せしていたドイツの親衛隊に襲われ,ラヘル以外の乗員は,彼女の家族も含めて全員が殺されてしまうのでした。身一つで生き延びた彼女は,ハーグでレジスタンスの一員となります。そして,ラヘルはドイツの将校を誘惑するという任務を帯びて,地元の親衛隊本部に潜入するのですが……。

  In 1944, Dutch-Jewish singer Rachel Stein who lives in Netherlands is hiding from Nazi regime. She loses her hiding place accidentally in an allied bombing, then she heads for liberated southern part of the country on a boat through a lawyer’s connection. However, the boat is somehow ambushed by members of the German SS so everyone except her, including her family, on the boat is killed. She narrowly survives with just the clothes she wears and she becomes involved with a Dutch resistance group in Hague. Then Rachel ends up infiltrating herself in the local SD headquarters to seduce a German commander…….

f:id:turkeyrice:20190316033511g:plain

f:id:turkeyrice:20190316033522g:plain

 ラヘルの美しさに心奪われました。彼女の奔放で力強い生き様は,「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラを思わせるものでした。ナチス占領下のレジスタンスを描いた映画としてもトップクラスだと勝手に思っています。監督,そして脚本も手掛けたポール・ヴァーホーヴェン自身,1937年にオランダに生まれており,実際にその時代の空気を吸って育ったとのことです。多くの登場人物やエピソードは史実をもとにしている模様。

 I was fascinated by the beauty of Rachel. The way she lives her life is so wild and strong that it reminds me of Scarlett O'Hara, the protagonist in the movie “Gone with the Wind”. This movie is, in my opinion, one of the best films that depicts the resistance movement against Nazis regime. Paul Verhoeven who directed this movie and also wrote the screenplay for it was born in Netherlands in 1937 and he himself lived the era. it seems like the story is based on historical facts so some people and episodes are real. 

 本の話になりますが,ナチスを題材にした作品と言えば,イギリスの作家,ケン・フォレットの著作が思い浮かびます。英語学習を兼ねて数冊を原著で読みましたが,たいへん面白くて惹きこまれました。日本語訳も出ていますが,「ホーネット・フライト」という作品がおすすめです。

 Allow me to talk about some books, works about Nazis immediately reminds me of some works by Ken Follett. I read the originals partly for studying English, and I found it so interesting that I was into it. You can read Japanese versions and I recommend a book called “Hornet Flight”.

 

ブラックブック(字幕版)

ブラックブック(字幕版)

 

 

Hornet Flight (English Edition)

Hornet Flight (English Edition)

 

 

 

ホーネット,飛翔せよ〈上〉 (ヴィレッジブックス)

ホーネット,飛翔せよ〈上〉 (ヴィレッジブックス)

 
ホーネット、飛翔せよ〈下〉 (ヴィレッジブックス)

ホーネット、飛翔せよ〈下〉 (ヴィレッジブックス)

 

 

この季節になぜか聴きたい曲 東京カランコロン「マッハ・ソング」:Songs somehow I want to listen to at this time of year. “Mach song” by Tokyo Karan Koron

 日本の春といえば,別れと出会いの季節です。この時期にふさわしい歌というのが,誰の心にもあると思います。自分にもいくつかありますが,ここ数年,一番に心に浮かぶのは,東京カランコロンの「マッハ・ソング」です。

 It is often said, in Japan, that spring is the time for parting with someone and getting acquainted with someone else. I believe anyone has some fitting songs to this season in their mind. I also have songs like that and the song that, these last years, comes into my mind first is “Mach Song” by Tokyo Karan Koron. 

マッハソング

マッハソング

  • provided courtesy of iTunes

  この曲は,いわゆる卒業ソングではありません。そもそも,この曲が収録されている彼らのメジャー2ndアルバム「5人のエンターテイナー」が発売されたのが11月だったことを考えると,そんな意図はさらさらなかったはずです。単に自分が聴いていたのがこの季節だったというだけかもしれませんが,新たな一歩を踏み出す人に贈りたくなる歌詞です。

 This song is not a graduation song at all. Considering that the album called “Gonin no Entertainer” which contains this song was released in November, they had no intention like that, in the first place. I perhaps listened to this song in this season so I have that impression to this song, but I found the lyrics are somewhat encouraging for someone who is taking the first step to the next stage.

 

  笑って 向日葵のイメージ

  泣いていて 夕立のイメージで

  怖いことはなんにもないよ

  偽らないで

      Smile like a sun flower

      Cry like an evening shower

      There is nothing to be afraid of

      Don’t pretend to be someone who you aren’t

 

  怒って 雷のイメージ

  喜びは 虹のイメージで

  間違いなんてどこにもないよ

  真っ直ぐでいい

   Get angry like a thunder

      Be happy like a rainbow

      There is nothing wrong with you 

      I like you just the way you are

    

 あなたに 伝えたい思いが 溢れて 体中を駆ける

 誰より 強く信じてるって 大声で言うよ

(中略)

     I’m overflowing with the feelings  I want to tell you and they are running around my body.

     I will say it out loud that I believe you more than anyone else does in the world

 …

 あなたに 伝えたい思いが 溢れて 体中を駆ける

 誰より 強く信じてるって 胸はって言うよ

 手には可能性を秘めてる

 それがどんな 小さなものでも

 いつも 強く信じてるって 大声で言うよ

  I’m overflowing with the feelings I want to tell you and they are running around my body.

     I will say it proudly that I believe you more than anyone else does in the world

    You have potential for something in your hand

    No matter how it is small

    I will say it out loud that I believe it more than anyone else does in the world

 

 東京カランコロンの曲でもう一つ好きな曲は「恋のマシンガン」です。フリッパーズ・ギターの「恋とマシンガン」と一文字違いですが,負けないくらい好みです。

 “Koi no machine gun” is also my favorite among their song. The difference between this song and “Koi to machine gun” sung by Flipper’s Guitar is only one letter, and I love these two songs both.


東京カランコロン / 恋のマシンガン【Music Video & Short Filmダイジェスト映像】


Flipper's Guitar - 恋とマシンガン (Young, Alive, In love)

 

turkeyrice.hateblo.jp

 

吉澤嘉代子さん大活躍 いろんなアーティストとコラボ中:Yoshizawa Kayoko is playing a big role in the music industry. She has collaborated with many musicians

 この3月は楽しみな楽曲の配信やアルバムCDのリリースが目白押しです。13日はsumikaの新譜「Chime」の発売日であるとともに,大森靖子さんの新曲「絶対彼女feat.道重さゆみ」の配信日でもあります。sumikaのアルバムについては,自分にとっておまけの楽しみがついています。収録曲,「あの手,この手」に大好きな吉澤嘉代子さんがゲストボーカルとして参加しているというのです。

 This March will be backed with lots of online music distributions and album cd releases. On 13th, sumika will release their new album “Chime” and Omori Seiko will release a new song “Zettai Kanojyo feat. Michisige Sayumi”, too.There will be an extra delight for me about sumika’s new album. Yoshizawa Kayoko, one of my favorite singers, will join a song that is contained in the album as a guest vocalist. 


【2019/3/13発売】sumika / 「sumika Film #5」 〜sumika special session〜 teaser

 実は,この3月に発売される楽曲で,吉澤さんが関わっているのはそれだけではありません。同じ13日に発売される,私立恵比寿中学のアルバム「MUSiC」には,彼女が作詞作曲した「曇天」という曲が収録されています。さらに,20日に発売される由紀さおりさんのアルバム「BEGINNING ~あなたにとって~」にも吉澤さんが作った曲が入っているとのこと。このアルバムのプロデューサーは亀田誠治さんです。そして,3月21日に発売される弓木英梨乃さん(キリンジのギタリスト)のアルバムに吉澤さんはボーカルとして参加している模様。弓木さんは,現在行われている吉澤嘉代子さんのツアーでギタリストをされています。

 Actually, that song is not the only one that she has something to do with. Shiritsu Ebisu Chugaku will also release their new album “MUSiC” on the same 13th and there is a song called “Donten” which is wrote and composed by Yoshizawa in the album. Plus, she wrote a song for Yuki Saori’s new album “BEGINNING ~anata ni totte~” which will be released on 20th. The producer of that album is Kameda Seiji. On top of that, Yoshizawa joined Yumiki Erino’s album, which will be released on 21st, as a vocalist. Yumiki is now joining the concert tour of Yoshizawa as a guitarist.  


私立恵比寿中学 「曇天」(short ver.)

 

 

 わかりにくいので,下に整理します。

  Let me organize these things by date. 

 3月13日(水) sumika 新譜「Chime」、

私立恵比寿中学 新譜「MUSiC」

 3月20日(水) 由紀さおり 新譜「BEGINNING ~あなたにとって~」

 3月21日(木) 弓木英梨乃 新譜「みんなおもちゃになりたいのさ」

 

 実は,これらに先行して2月には,YUKIさんのアルバムにも楽曲を提供していたとのこと。これだけのアーティストに関わっている吉澤嘉代子さん,もう大物感すら漂っています。

 In fact, Yoshizawa composed a song for YUKI in February ahead of these events. Now that I found her having something to do with so many musicians, I think she is already a big name. 

【早期購入特典あり】Chime(初回生産限定盤)(DVD付)(クリアファイル付)
 

  

 

【Amazon.co.jp限定】みんなおもちゃになりたいのさ(ステッカー付)

【Amazon.co.jp限定】みんなおもちゃになりたいのさ(ステッカー付)

 

  

BEGINNING ~あなたにとって~

BEGINNING ~あなたにとって~

 

  

turkeyrice.hateblo.jp

 

turkeyrice.hateblo.jp

 

あの人があのテーマソングを! 「男はつらいよ」の主題歌 桑田佳祐に決定:The singer will sing the theme song! It is decided that the theme song of “Otoko wa Tsuraiyo” will be sung by Kuwata Keisuke

 その主題歌のニュースは衝撃でした。「男はつらいよ」22年ぶりの新作の主題歌を桑田佳祐さんが歌うというのです。

 I was amazed by the news about the theme song. They say Kuwata Keisuke is going to sing the theme song of the new movie of the series called “Otoko wa Tsuraiyo”.

f:id:turkeyrice:20190309163609g:plain

 昨年9月に,「男はつらいよ」シリーズ,新作決定のニュースを聞いたときには本当に驚きました。映画館で観たことはないものの,大好きで,全作をビデオで観てしまった自分としてはそのニュースに大喜びでした。

 Last September, I was really surprised by the news which told that the new movie of the series will be produced. I’ve never seen the series at a movie theater, but I am a big fan of the series and I saw every movie of it on video so I was exhilarated when I heard the news.

 桑田さんは,以前,深夜番組で「音楽寅さん」を名乗っていたほどの寅さん好きです。こちらの番組も大好きだったことは以前にも書きましたが,こんなところで映画とつながるとは思いもしませんでした。映画のオープニングにも登場することが決まっているようで,本当に楽しみです。

 Kuwata is also known as a big fan of the series and he even called himself “Ongaku Torasan” in a late-night TV program before. I loved this TV program and I mentioned it before, but I didn’t expect that the program and the movie would be related in a way like this. It seems like he will show up in the opening of the movie. I’m looking forward to seeing it.

 このシリーズは,一作一作,観終わるたびに,日本に生まれてよかったと思わせる映画です。新作の撮影は,昨年末に既に終わっているとのこと。公開は今年の12月27日だそうです。寅さんをスクリーンで観る日が待ち遠しいです。

 Whenever I see a movie of the series, I somehow feel I’m happy because I’m a Japanese. They’ve already finished shooting the new one by the end of the last year. The movie will be released at the end of this year, on December 27th. I can’t wait for the day I can see Torasan on the screen.

turkeyrice.hateblo.jp 

turkeyrice.hateblo.jp