turkeyriceのブログ

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。

One more Xmas song in this century I like : 今世紀のクリスマス・ソングをもう一曲

 今世紀のクリスマス・ソングで自分が好きなものをもう一つ挙げるなら,アメリカのロック・シンガー,ケリー・クラークソンの「アイル・ビー・ホーム・フォー・クリスマス」です。この曲は,彼女のクリスマス・アルバム「ラップト・イン・レッド」に収録されています。

   The other one I like very much among the Christmas songs in this century is “I’ll be home for Christmas” by Kelly Clarkson, a rock singer in the USA, too.  This song is contained in her Christmas album “Wrapped in Red”


Kelly Clarkson - I'll Be Home For Christmas (Audio)

  クリスマス・ソングとしてスタンダードなこの曲は,カーペンターズの「クリスマス・ポートレイト」にも入っていますが,ケリーのバージョンはそちらに劣らぬよさがあります。もともとこの曲は,第2次大戦中の1943年に,アメリカでビング・クロスビーが出したものです。歌詞は,戦場にいながら,家族とともに過ごすクリスマスを想う兵士の視点で書かれています。大切な人を想う心が,ひしひしと伝わってきて,「夢の中だけでも」という歌詞に切なくなります。

.  This is a standard Christmas song and it is also contained in Carpenters’ album “Christmas portrait”, and, in my opinion, Kelly’s version is as good as theirs. This song was originally released by Bing Crosby in America in 1943, during World War Ⅱ. It was written from the view point of a soldier in a battlefield longing to be with his family at Christmas. I keenly feel how he hold someone dear so I’m filled with heartrending sorrow with the words “If only in my dreams”.   


Bing Crosby - I'll Be Home For Christmas

 ケリー・クラークソンの「My Life Would Suck Without You」を初めて聞いたときは,あまりのカッコよさに衝撃を受けましたが,こんなにしっとりとしたクリスマス・ソングも歌えると知って喜びました。

  I was amazed when I hear her “My Life Would Suck Without You” for the first time because it was so cool, and I was also glad when I know she can sing a Christmas song so gently.  


Kelly Clarkson - My Life Would Suck Without You

 

ラップト・イン・レッド

ラップト・イン・レッド