turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

音楽

I somehow love Xmas songs: クリスマス・ソング。なぜか聴いてしまいます。

クリスマスに特別な思い入れはないのですが,クリスマス・ソングは大好きです。 ずいぶん前に,「クリスマス・ソングは一つのジャンルだ」と書かれた記事を読んだことがあります。確かに,クリスマス・ソングは,聴いたらクリスマス・ソングとすぐに分かりま…

I’m wondering about it: 顔出しNGのアーティスト

前回,ライブの感想を書いたコレサワさんをはじめとして,ここ数年,顔出しNGのアーティストが増えているように思います。 何度かこのブログでふれたずっと真夜中でいいのに。(以下,ずとまよ)もACAねさんがどんな方なのか,全く分かりません。他にも…

I enjoyed live music: コレサワさん ワンマンツアー2018「コレでショー」in 福岡

ライブを観て,決定的に好きになりました。 12月8日(土),福岡のDRUM Be-1で行われたコレサワさんのライブに行きました。「コレでショー」~仲間編~と銘打たれたこのライブは,全国7か所を巡るツアーの福岡公演でした。 「可愛い!」,「可愛いよね!…

Albums I’m into now: 今ハマっているアルバム 吉澤嘉代子さん「女優姉妹」

恐らく自分の思い込みですが,吉澤嘉代子さんのファンは女性が多いような気がします。今となっては彼女の代表曲と言える「残ってる」ですが,女性目線になれない男の自分はつい,他にもっと好みの曲があるのに,と思いがちです。そして,11月7日に発売さ…

That song sounds just like him: 達郎さんらしさが出てる曲 クールス・ロカビリークラブ「センチメンタル・ニューヨーク.」

前回,クールス・ロカビリークラブのアルバム「NEW YORK CITY, N.Y.」についてふれました。実は,このアルバムの前年,1977年10月に,やはり山下達郎さんプロデュースのシングルが発売されています。A面は「センチメンタル・ニューヨーク」,B面は「…

Did he produce this band?: 山下達郎さんプロデュース クールス・ロカビリークラブ「NEW YORK CITY, N.Y.」

様々なアーティストをプロデュースしておられる山下達郎さんですが,中には意外なバンドにも関わっています。クールス・ロカビリークラブです。 Yamashita Tatsuro has produced many artists and a few of them are quite unexpected. The one I bring up h…

Songs sound good at night: 夜に聴くとワクワクする曲 シュガー・ベイブ「DOWN TOWN」

前回,「ア・ナイト・イン・ニューヨーク」についてふれました。聴いて都会の夜を思い浮かべるという点では,シュガー・ベイブの「DOWN TOWN」も近いものがあると思います。山下達郎さん率いるシュガー・ベイブは,デビュー当時全く売れなかったというのは,…

Songs I can’t get enough of: なぜか飽きない曲 “A Night in New York” by Elbow Bones and the Racketeers

夜にぴったりな曲って多いですよね。この季節,自分にとってすぐに浮かぶのは,エルボウ・ボーンズ&ザ・ラケティアーズの「ア・ナイト・イン・ニューヨーク」です。80年代の曲ですが,リアルタイムでは聴いていませんでした。これまで何度かふれたコンピ…

The album even better than I expected: 期待を超えたアルバム ずっと真夜中でいいのに。 ミニアルバム 「正しい偽りからの起床」

期待が大きいほど,それに応えるのは難しいものです。しかし,満を持して発売された,ずっと真夜中でいいのに。の初ミニアルバムは,こちらの期待をはるかに超えてくる素晴らしい出来でした。歌い手であり,作詞作曲もされているACAねさんに,底なしの才…

Funny but good songs: ヤバイTシャツ屋さん MV「かわE」公開

かわいい歌が大好きです。12月19日に3rdアルバム発売予定のヤバイTシャツ屋さんですが,その収録曲「かわE」のMVが公開されました。この曲は中島健人さんと中条あやみさんのダブル主演映画「ニセコイ」の主題歌として書き下ろされた模様です。 I lov…

Songs I’m into now: 今ハマっている曲 あいみょん「愛を伝えたいだとか」

まさに食わず嫌いでした。初めて聞いたあいみょんさんの曲は「生きていたんだよな」で,あまりにもシリアスな歌詞に恐れをなして,受け止める勇気がなく,敬遠してしまっていました。NHKのSONGSで吉澤嘉代子さんとともに取り上げられていた時にも,…

Is that the real “Beauty and the Beast”?: Mステの「獣ゆく細道」すごすぎ

あれはなんでしょう。Mステでの椎名林檎さんと宮本浩次さんのパフォーマンスに圧倒されました。もう夢中になって観ました。微動だにせぬ美女と,激しく暴れまわる野獣との組み合わせに興奮を抑えきれず,笑ったり涙ぐんだりしていました。珍獣ときどき野獣…

The MV has over 10 million views:「秒針を噛む」YouTube 再生1000万回超え

以前にもふれた「ずっと真夜中でいいのに。」の「秒針を噛む」のMV再生数がついに1000万回を超えた模様です。11月14日にミニアルバム発売を控えた彼らですが,昨夜はYouTubeライブを行いました。外出していたので後で観ようと楽しみにしていましたが,…

She came to Nagasaki: あの人が長崎に! 吉澤嘉代子さん 長崎ラブフェスに出演

思いがけないことでした。先日,ツイッターを見ていたところ,吉澤嘉代子さんご自身のつぶやきに「今日から長崎に行きます!」とあり,驚きました。うかつにも,大好きなアーチストが,長崎の放送局主催のイベント,ラブフェスに出演されることを知らずにい…

Songs I’m into now: 今ハマっている曲 椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」

また意表をつかれました。いろいろなアーチストとのコラボをされている椎名林檎さんですが,今回のお相手はエレファントカシマシの宮本浩次さんです。前作「目抜き通り」でのトータス松本さんも自分にとっては意外でしたが,とっても素晴らしい仕上がりでし…

Songs I’m attracted now: 勝手に注目中 ずっと真夜中でいいのに。「秒針を噛む」

6月の初めにYouTubeで動画が公開されて以来,4か月で800万回以上の再生回数を達成している曲があります。謎めいたバンド「ずっと真夜中でいいのに。」の「秒針を噛む」という曲です。この曲を収録したミニアルバム「正しい偽りからの起床」が11月14…

I enjoyed live music: ヤバTのライブ,ヤバかった! ヤバイTシャツ屋さん「とってもうれしいたけ」Tour in 長崎

マジでヤバかったです。「圧死」という言葉がよぎりました。前後左右の人とこんなに密着し続けたのは初めてでした。オーディエンスのアツさにヤバTの皆さんも心配気味でした。セットリストは次の通りです。 It was really awesome. The expression “death b…

Songs cover version but really good: カバーだけどいい曲 Latimore「ジョリー」

以前の記事の中でフリーソウルコンピレーションに少しだけふれました。その中の一つ,「Vibes」には「ジョリー」という曲が収められています。心のざわつくイントロから一発で癖になるホーンのフレーズに続き,ソウルフルな男性ボーカルがエモーショナルに歌…

Funny but good songs: 可笑しいけどなんかいい曲 ヤバイTシャツ屋さん「君はクプアス」

この可笑しみはどうでしょう。ヤバイTシャツ屋さんのニューシングル,「とってもうれしいたけ」がリリースされました。1曲目の「KOKYAKU満足度1位」は,いかにもなメロコアサウンドに乗せて,意味ないけど吹き出すような歌詞をたたみこんでくる,…

Songs cover version but really good: カバーだけどいい曲  Guns N’ Roses "Live and Let Die"

前回の記事で007の「死ぬのは奴らだ」についてふれました。1973年公開の映画の方では,ロジャー・ムーアが初めてジェームズ・ボンドを演じています。ショーン・コネリー好きの自分としては,映画の方にはさして思い入れはないものの,この映画のテー…

Songs cover version but really good: カバーだけどいい曲 The Electric Indian "My Cherie Amour(マイ・シェリー・アモール)"

初めて買ったスティーヴィー・ワンダーのアルバムは「インナーヴィジョンズ」でした。1973年のこのアルバムはとてもクールで洗練されていて,やや内省的なアルバムに思えます。スティーヴィー・ワンダーらしさはこの70年代に確立されるのでしょうが,単…

The unique events in Nagasaki : 長崎独自のイベント 居留地まつり「アリアの夕べ for 大浦天主堂 “An evening of arias for Oura Cathedral”」

この夏,大浦天主堂はユネスコ世界遺産に登録されました。現存する木造建築の教会として日本最古の大浦天主堂は,1953年には国宝にも指定されています。先日,この大浦天主堂で行われたコンサートに行きました。「アリアの夕べ for 大浦天主堂」と題され…

Songs cover version but really good: カバーだけどいい曲 Suss von Ahn(スス・フォン・アーン) “For Once in My Life”

スティーヴィー・ワンダーの数ある名曲の中で,なぜか「フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ」が一番好きです。キャッチーで歌詞が切なくて,モータウン全盛期の無邪気な明るさが伝わってきます。原曲がこれだけいいと,カバーなどただの二番煎じで聴く気に…

My favorite band will appear in a TV program!: 好きなバンドがテレビに! sumika, Mステ出演決定

このブログで2回ほどふれたバンド,sumikaが9月7日のMステに初出演する模様です。9月1日公開の映画「君の膵臓をたべたい」の主題歌「春夏秋冬」とオープニングテーマ「ファンファーレ」を歌うsumikaですが,このシングルはつい先日発売されたばかりです…

Another voice actor’s songs I was into: ハマって聴いた他の声優さんの曲 林原めぐみ

椎名林檎さんは,昔から他の歌い手さんや俳優さんに楽曲を提供しています。ここ数年では,解散前のスマップやドラマ「カルテット」の松たか子さんらがすぐに浮かびます。そんな曲を聴いたとき,その仕上がりがよければよいほど,「椎名林檎の声で聴きたかっ…

Sticking to some genres doesn’t make sense now: ジャンルが無意味な時代 花澤香奈

毎月ではないけれど,雑誌「MUSIC MAGAZINE」を買って読んでいます。この雑誌の好きなところは,ジャンルや,アーチストの有名,無名に偏りなく,よい音楽を紹介しているところです。 数年前,ある歌手の記事に心惹かれました。読むうちにその女性歌手がどう…

A place you can be immersed in music in Nagasaki: 「音浴博物館」

長崎市の北に隣接している西海市に,音楽好きにはたまらない場所があります。15万枚以上のレコードを収蔵している「音浴博物館」です。 There is a place where music lovers would be dying to go in Saikai city, on the north side of Nagasaki city. T…

Bands that I like now : わりと好きなバンド Official髭男dism

前クールのドラマ,「コンフィデンスマンJP」の主題歌「ノーダウト」という曲が気になっていました。ピアノとベースが駆け降りるように迫ってくるイントロがクールで,ドラマの雰囲気とも合っていました。Official髭男dismという変わった名前のバンドの曲で…

I can’t help mentioning the band again! :どうしてもまた言いたくて sumika ②

先日ふれたバンド,sumikaのよさがとまりません。ファーストアルバムの「Familia」は,好みでない曲が1曲もありませんでした。自分にとってはありそうであんまりないことです。 I can’t stop loving all the song of the band called sumika I mentioned in …

Bands that I like now : わりと好きなバンド Never Young Beach

80年代にYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)にハマった10代の多くは,そこからさかのぼってはっぴいえんどやサディスティック・ミカ・バンドに出会ったのでした。日本語ロック発祥のそのあたりから現在に至る中での細野晴臣さんらの活躍を思うと,その…