turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

音楽

Songs I’m into now: 今ハマっている曲 椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」

また意表をつかれました。いろいろなアーチストとのコラボをされている椎名林檎さんですが,今回のお相手はエレファントカシマシの宮本浩次さんです。前作「目抜き通り」でのトータス松本さんも自分にとっては意外でしたが,とっても素晴らしい仕上がりでし…

Songs I’m attracted now: 勝手に注目中 ずっと真夜中でいいのに。「秒針を噛む」

6月の初めにYouTubeで動画が公開されて以来,4か月で800万回以上の再生回数を達成している曲があります。謎めいたバンド「ずっと真夜中でいいのに。」の「秒針を噛む」という曲です。この曲を収録したミニアルバム「正しい偽りからの起床」が11月14…

I enjoyed live music: ヤバTのライブ,ヤバかった! ヤバイTシャツ屋さん「とってもうれしいたけ」Tour in 長崎

マジでヤバかったです。「圧死」という言葉がよぎりました。前後左右の人とこんなに密着し続けたのは初めてでした。オーディエンスのアツさにヤバTの皆さんも心配気味でした。セットリストは次の通りです。 It was really awesome. The expression “death b…

Songs cover version but really good: カバーだけどいい曲 Latimore「ジョリー」

以前の記事の中でフリーソウルコンピレーションに少しだけふれました。その中の一つ,「Vibes」には「ジョリー」という曲が収められています。心のざわつくイントロから一発で癖になるホーンのフレーズに続き,ソウルフルな男性ボーカルがエモーショナルに歌…

Funny but good songs: 可笑しいけどなんかいい曲 ヤバイTシャツ屋さん「君はクプアス」

この可笑しみはどうでしょう。ヤバイTシャツ屋さんのニューシングル,「とってもうれしいたけ」がリリースされました。1曲目の「KOKYAKU満足度1位」は,いかにもなメロコアサウンドに乗せて,意味ないけど吹き出すような歌詞をたたみこんでくる,…

Songs cover version but really good: カバーだけどいい曲  Guns N’ Roses "Live and Let Die"

前回の記事で007の「死ぬのは奴らだ」についてふれました。1973年公開の映画の方では,ロジャー・ムーアが初めてジェームズ・ボンドを演じています。ショーン・コネリー好きの自分としては,映画の方にはさして思い入れはないものの,この映画のテー…

Songs cover version but really good: カバーだけどいい曲 The Electric Indian "My Cherie Amour(マイ・シェリー・アモール)"

初めて買ったスティーヴィー・ワンダーのアルバムは「インナーヴィジョンズ」でした。1973年のこのアルバムはとてもクールで洗練されていて,やや内省的なアルバムに思えます。スティーヴィー・ワンダーらしさはこの70年代に確立されるのでしょうが,単…

The unique events in Nagasaki : 長崎独自のイベント 居留地まつり「アリアの夕べ for 大浦天主堂 “An evening of arias for Oura Cathedral”」

この夏,大浦天主堂はユネスコ世界遺産に登録されました。現存する木造建築の教会として日本最古の大浦天主堂は,1953年には国宝にも指定されています。先日,この大浦天主堂で行われたコンサートに行きました。「アリアの夕べ for 大浦天主堂」と題され…

Songs cover version but really good: カバーだけどいい曲 Suss von Ahn(スス・フォン・アーン) “For Once in My Life”

スティーヴィー・ワンダーの数ある名曲の中で,なぜか「フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ」が一番好きです。キャッチーで歌詞が切なくて,モータウン全盛期の無邪気な明るさが伝わってきます。原曲がこれだけいいと,カバーなどただの二番煎じで聴く気に…

My favorite band will appear in a TV program!: 好きなバンドがテレビに! sumika, Mステ出演決定

このブログで2回ほどふれたバンド,sumikaが9月7日のMステに初出演する模様です。9月1日公開の映画「君の膵臓をたべたい」の主題歌「春夏秋冬」とオープニングテーマ「ファンファーレ」を歌うsumikaですが,このシングルはつい先日発売されたばかりです…

Another voice actor’s songs I was into: ハマって聴いた他の声優さんの曲 林原めぐみ

椎名林檎さんは,昔から他の歌い手さんや俳優さんに楽曲を提供しています。ここ数年では,解散前のスマップやドラマ「カルテット」の松たか子さんらがすぐに浮かびます。そんな曲を聴いたとき,その仕上がりがよければよいほど,「椎名林檎の声で聴きたかっ…

Sticking to some genres doesn’t make sense now: ジャンルが無意味な時代 花澤香奈

毎月ではないけれど,雑誌「MUSIC MAGAZINE」を買って読んでいます。この雑誌の好きなところは,ジャンルや,アーチストの有名,無名に偏りなく,よい音楽を紹介しているところです。 数年前,ある歌手の記事に心惹かれました。読むうちにその女性歌手がどう…

A place you can be immersed in music in Nagasaki: 「音浴博物館」

長崎市の北に隣接している西海市に,音楽好きにはたまらない場所があります。15万枚以上のレコードを収蔵している「音浴博物館」です。 There is a place where music lovers would be dying to go in Saikai city, on the north side of Nagasaki city. T…

Bands that I like now : わりと好きなバンド Official髭男dism

前クールのドラマ,「コンフィデンスマンJP」の主題歌「ノーダウト」という曲が気になっていました。ピアノとベースが駆け降りるように迫ってくるイントロがクールで,ドラマの雰囲気とも合っていました。Official髭男dismという変わった名前のバンドの曲で…

I can’t help mentioning the band again! :どうしてもまた言いたくて sumika ②

先日ふれたバンド,sumikaのよさがとまりません。ファーストアルバムの「Familia」は,好みでない曲が1曲もありませんでした。自分にとってはありそうであんまりないことです。 I can’t stop loving all the song of the band called sumika I mentioned in …

Bands that I like now : わりと好きなバンド Never Young Beach

80年代にYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)にハマった10代の多くは,そこからさかのぼってはっぴいえんどやサディスティック・ミカ・バンドに出会ったのでした。日本語ロック発祥のそのあたりから現在に至る中での細野晴臣さんらの活躍を思うと,その…

My impressions of TV dramas : 綾瀬はるかさん主演「義母と娘のブルース」

毎週火曜,夜10時放送のドラマ「義母と娘のブルース」が好きになりました。初回は正直,やりたいことがわからなくて,はてと思っていました。2回目は連ドラ予約が機能せず,涙の見逃しでした(ついでにサバイバルウェディングも豪快に見逃し)。3回目の視聴…

My encounter with new generation JAZZ : 新世代JAZZとの出会い  KAMASI WASHINGTON(カマシ・ワシントン) “HEAVEN AND EARTH” 

親友が送ってくれたアルバムに衝撃を受けました。カマシ・ワシントンの「HEAVEN AND EARTH」というアルバムです。帯には「新世代ジャズ黄金期の象徴」と書いてあります。 I was amazed by an album my best friend sent to me. The album is “HEAVEN AND EAR…

A band I’m into now : 今ハマっているバンド sumika

4人組のバンド,sumikaの曲を初めて耳にしたとき,星野源さんの曲みたいだ,と思っただけでした。最近になって,1stフルアルバム「Familia」をちゃんと聴いてみると,そのすばらしさに衝撃を受けました。誰かに似ているなど,まるきり的外れな話で,遊び心…

Despite an old song, it’s still good to me : ロジャー・ニコルズ & ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ 「Love so fine」

ソフトロックというジャンルについて語る知識は全くありませんが,その言葉を聞いてすぐに浮かぶアーチストやバンドがいくつかあります。その一つがロジャー・ニコルズ & ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズです。「Love so fine」という曲を初めて聞…

Despite an old song, it’s still good to me : 古くてもいまだに好きな曲 ザ・ヴィーナス 「アローン」

80年代のティーンズには,ドゥーワップやオールディーズを好きになる機会がふんだんにありました。シャネルズ(のちのラッツ&スター)でドゥーワップを知り,お兄ちゃんやお姉ちゃんが持っていたクールスのレコードでオールディーズを聞きかじり,水曜ロー…

Songs that delightfully sound in summer : 夏に聴くと嬉しい曲 山下達郎「ビッグ・ウェイブのテーマ」

あのイントロはどうなっているんでしょう。青い波間を突き抜けていくような,水中のくぐもった音の感じまで伝わるようなあのイントロがかかると,夏にワクワクしていた頃を一瞬で思い出してしまいます。夏と言えば心に浮かぶ曲はたくさんありますが,自分に…

The unique events in Nagasaki : 長崎独自のイベント「長崎 みなと・ひと・まち 音楽祭2018」に行きました。

日曜日にコンサートに行きました。「長崎 みなと・ひと・まち 音楽祭2018」と題したこのコンサートは,以前にも紹介した長崎居留地男声合唱団が中心となって,地元の他の合唱団などと協力し,読売交響楽団や数名のソリストを招いて長崎ブリックホールで開催…

Songs I’m attracted now : 勝手に注目中 コレサワ「死ぬこと以外かすり傷」

タイトルだけでワクワクする曲に出会うことがあります。「死ぬこと以外かすり傷」という曲がそうでした。YouTubeで緊急試聴したところ,決して名前負けしていない,クオリティの高い楽曲に衝撃を受けました。シンガーソングライター,コレサワさんの曲です。…

 Singers who intrigues me now : 今,心惹かれる歌手 のん アルバム「スーパーヒーローズ」

脚本家,宮藤官九郎さんのドラマが大好きです。それなのに,NHKの朝ドラ「あまちゃん」は結局観ないままでした。観てなかったくせに,主人公だったのんさん(当時は能年玲奈さん)の魅力は感じていて,「海月姫」や「この世界の片隅に」を観て,やはり素…

Songs that delightfully sound in early summer : 初夏に聴くと嬉しくなる曲 フリッパーズ・ギター「Hello-いとこの来る日曜日」

Flipper's Guitar - いとこの来る日曜日 (Hello) フリッパーズ・ギターと聞くと,懐かしい人は多いと思います。活動期間は89年の夏からから91年の夏とたった2年間。出したアルバムもたった3枚だったにも関わらず,その後に与えた影響は計り知れないバ…

TV programs I want them to restart : またやってほしいテレビ番組 「桑田佳祐の音楽寅さん~MUSIC TIGER」

先日,ユースケ・サンタマリアさん出演のドラマについて書いた記事の中で,以前放送されていた「桑田佳祐の音楽寅さん」という番組についてふれました。桑田さんらしい,ちょっとブラックなユーモア全開のこの番組は,斬新な切り口で様々なジャンルの音楽を…

The more I listen to it, the more I'm into it. : 聴けば聴くほど 椎名林檎トリビュートアルバム 「アダムとイヴの林檎」 再レビュー

トリビュートアルバム「アダムとイブの林檎」を購入して3週間がたちました。聴くほどによさが沁みてきて,言いたい気持ちが募ってきます。トリビュートアルバムとは言え,結局は全てカバーソングであり,新鮮味を感じることはないだろうとたかをくくってい…

My impressions of new songs : 吉澤嘉代子さん「ミューズ」

先週,吉澤嘉代子さんの新曲「ミューズ」がリリースされました。5月の終わりにYouTubeでMVが公開されてから,発売を楽しみにしていました。 Yoshizawa Kayoko’s new song “Muse” was released last week. I’ve been looking forward to it since the MV w…

A movie that made me smile but also cry 笑って泣ける映画:「50 First Dates (50回目のファースト・キス)」

50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション [DVD] 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2011/01/26 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (16件) を見る 現在公開中の邦画,「50回目の…