turkeyriceのブログ

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。

遊び心あふれるアルバム:マーデン・ヒル「Sixty Minute Man」  An Album Full of Playful Sounds: “Sixty Minute Man” by Marden Hill

アシッド・ジャズというとなんだかカッコよすぎて、現実の自分とのギャップに勝手に恥ずかしくなります。そんな自分でもお勧めしたくなるアルバムが、イギリスのバンド、マーデン・ヒルの「Sixty Minute Man」です。とっても洒脱だけれど、なんとなく可笑し…

インストナンバーの魅力:コーデュロイ 「ハイ・ハヴォック」 Some Instrumental songs I love: Corduroy “HIGH HAVOC”

90年代にアシッド・ジャズにハマった人は多かったと思います。ジャミロクワイ、インコグニート、マザー・アースなど、めちゃくちゃカッコいい音があふれていました。ここ数年、日本のバンドでも、cero、ナルバリッチ、Suchmosなど、アシッド・ジャズ寄りの…

電子音なのに懐かしい:ハモンドオルガンの魅力 It Somehow Sounds Nostalgic Despite Being an Electronic Sound: How Attractive the Sound of the Hammond Organ Is

前回、ブルー・アイド・ソウルを代表するバンド、スペンサー・デイヴィス・グループについてふれました。この時代のバンドの音になぜか惹かれてしまうのですが、そこには、ある共通のものがあることに気付きました。彼らの多くの楽曲でハモンドオルガンが使…

不思議と飽きない曲:スペンサー・デイヴィス・グループ「Gimme Some Lovin’」 Songs I Can’t Get Enough of: “Gimme Some Lovin’” by The Spencer Davis Group

ベースとドラムで刻む、シンプルな出だしでもう心がざわつきます。そしてハモンド・オルガンのクールなフレーズに胸が高鳴ったところで、スティーヴ・ウィンウッドの真っ黒い声に連れていかれます。 The simple beat, played by the bass guitar and the dru…

主役に魅せられる映画:「レッド・スパロー」(2018) The Main Character Is So Attractive: “Red Sparrow”(2018)

ジェニファー・ローレンスの魅力ときたらどうでしょう。ストーリーなど二の次で夢中にさせる力があるように思います。 How attractive, as an actor, Jennifer Lawrence is. Her attractiveness somehow makes me even feel that the story doesn’t matter. …

先入観とかけ離れた映画:「アフリカの女王」 A Movie Which Is a Far Cry from What I Thought It Would Be Like: “The African Queen”

いわゆる名画の中には、いつか観てみたいと思いながら、観ないでいるものが多くあります。あらすじも知らない名画については、題名だけでワクワクしたり、逆に題名だけで敬遠してしまったりしがちです。正直、「アフリカの女王」というタイトルには全く惹か…

牧草入りのお酒?:「ズブロッカ」 Good spirits in my favorite bar: ZUBROWKA

仏蘭西屋のカウンターや棚に並んでいるお酒の瓶を見ているだけで楽しい気持ちになります。見るからに美味しそうなものもあれば、ちょっと変わったものもあったりして、どんな味か試してみたくなります。先日、カウンターについて、ちょうど目の前にあった1本…

アルバムレビュー:sumika「Chime」  Album Reviews: “Chime” by sumika

3月13日にリリースされたsumikaの2ndアルバム「Chime」は、期待を裏切らない素晴らしい仕上がりです。 Sumika’s 2nd album “Chime”, released on March 13, is so good as I expected it would be. 【2019/3/13発売】sumika / 「Chime」全曲試聴teaser 収…

衝撃のコラボレーション:sumika & 吉澤嘉代子「あの手、この手」  An Amazing Collaboration : sumika and Yoshizawa Kayoko “Ano Te Kono Te”

イメージしていたものとのギャップに勝手にびっくりしています。sumikaと吉澤嘉代子さんのコラボ曲「あの手、この手」を初めて聴いたときは、予想を裏切るその構成と、予想だにしなかった素晴らしさに衝撃を受けました。 I was surprised by the gap between…

桜の季節に聴きたい曲 木村カエラ「Cherry Blossom」:A Song I Feel Like Listening to in Cherry Blossom Season  “Cherry Blossom” by Kimura Kaera

桜舞うこの季節に聴きたい曲ってたくさんあると思います。自分にとってすぐに浮かぶのは、木村カエラさんの「Cherry Blossom」です。 There must be many songs that you want to listen to at this time of year, cherry blossom season. In my case, the s…

なんで終わるの? ナカイの窓最終回:Why Should It End? The Final Installment of the TV Talk Show “Nakai no Mado”

大好きでした。とっても切ないです。一つのテレビ番組が終わるというだけで、こんな気持ちになるなんてどういうことでしょう。毎週水曜日の深夜に放送されていた「ナカイの窓」が終わってしまいました。 I loved it. I really miss it now. I don’t know why…

アルバムレビュー 花澤香菜「ココベース」: Album Reviews  “Koko Base” by Hanazawa Kana

これまでにも増して、よさを感じるアルバムです。2月20日にリリースされた花澤香菜さんの5thアルバム、「ココベース」は、とてもキャッチーな曲にあふれています。 This is an album somewhat better than her albums that were already released. “Koko B…

図書館にある素敵なカフェ 長崎市立図書館1F「池田屋」:The Stylish Café at the Library   “Ikeda Ya” on the Ground Floor of Nagasaki City Library

2008年に開館した長崎市立図書館は、十分な蔵書数と、施設としての利用のしやすさから、多くの市民が集う場所になっています。長崎駅と繁華街の中間に位置し、その立地のよさと、30分間は駐車代が無料というのも魅力です。配架がどうのといった専門的…

色褪せない映画「ピーターパン」(1953):Films That Never Fade “Peter Pan”(1953)

何度でも観たい映画です。ディズニーアニメの「ピーターパン」、今まで何回観たのか自分でもわかりません。観るたびに同じシーンでワクワクし、同じところで涙があふれます。自分でもバカじゃないかと思いますが、それだけ優れた作品なのだと居直っています…

ずっと心に残る映画 「リメンバー・ミー」(2017):A Movie Unforgettable “Coco”(2017)

恥ずかしいぐらい泣きました。映画館でなくてよかったです。ピクサー制作、ディズニー配給のアニメーション映画「リメンバー・ミー」をアマゾンプライムで観ました。無料ではなかったのですが、100円で視聴できました。あふれる感動を、拡声器でやかまし…

ボンドが愛したカクテルがここに!:007 オフィシャルカクテルブック “Shaken: Drinking with James Bond and Ian Fleming”

007ファンにはたまらない本です。昨年10月に出版された「Shaken: Drinking with James Bond and Ian Fleming」は,007シリーズの作品に登場する全てのお酒を網羅した本です。 This book is somewhat fabulous for fans of 007. “Shaken: Drinking wi…

リトグリのMotown Super Medley 良すぎでは: “Motown Super Medley” by Little Glee Monster is incredibly good!

モータウンって,実はJ-popのバックボーンでは,と感じています。リトグリのアルバムに入っている“Motown Super Medley”がクセになって,もうヘビロテしまくっています。 Now I have an idea that the Motown sound has greatly influenced Japanese pop mus…

読みハマる本 「ホーネット・フライト」ケン・フォレット著:I can call it a page-turner “Hornet Flight” by Ken Follett

レジスタンスと恋と複葉機,一種のスパイ小説と言えるこの本には,ワクワクする要素がてんこ盛りです。第2次大戦中のデンマークを舞台とするこのお話は,イギリスの作家,ケン・フォレットが書いたもので,2002年に出版されました。 There are many ele…

オランダの戦争サスペンス映画 「ブラックブック」(2006年公開):A war drama thriller film which was produced in Netherlands. “Black Book” released in 2006

ナチス占領下のオランダにおける,ユダヤ人のレジスタンス活動を描いた映画です。主人公のユダヤ人女性ラヘルを演じたのは,カリス・ファン・ハウテンというオランダの女優です。 This is a movie about Jewish resistance movements in Netherlands occupie…

この季節になぜか聴きたい曲 東京カランコロン「マッハ・ソング」:Songs somehow I want to listen to at this time of year. “Mach song” by Tokyo Karan Koron

日本の春といえば,別れと出会いの季節です。この時期にふさわしい歌というのが,誰の心にもあると思います。自分にもいくつかありますが,ここ数年,一番に心に浮かぶのは,東京カランコロンの「マッハ・ソング」です。 It is often said, in Japan, that s…

吉澤嘉代子さん大活躍 いろんなアーティストとコラボ中:Yoshizawa Kayoko is playing a big role in the music industry. She has collaborated with many musicians

この3月は楽しみな楽曲の配信やアルバムCDのリリースが目白押しです。13日はsumikaの新譜「Chime」の発売日であるとともに,大森靖子さんの新曲「絶対彼女feat.道重さゆみ」の配信日でもあります。sumikaのアルバムについては,自分にとっておまけの楽…

あの人があのテーマソングを! 「男はつらいよ」の主題歌 桑田佳祐に決定:The singer will sing the theme song! It is decided that the theme song of “Otoko wa Tsuraiyo” will be sung by Kuwata Keisuke

その主題歌のニュースは衝撃でした。「男はつらいよ」22年ぶりの新作の主題歌を桑田佳祐さんが歌うというのです。 I was amazed by the news about the theme song. They say Kuwata Keisuke is going to sing the theme song of the new movie of the ser…

ましのみ2ndアルバム再レビュー 聴けば聴くほど:The second review of Mashinomi’s 2nd album  The more I listen to it, the more I love it

よさが止まりません。先日紹介したましのみさんのセカンド・アルバム「ぺっとぼとレセプション」,聴けば聴くほどよくなります。ヘビロテしてしまう曲いっぱいです。 I can’t contain my feelings of love to this album. I mentioned Mashinomi’s second al…

全部食べたい!朝食のバイキングに大満足 「大江戸温泉物語 長崎ホテル清風」:I feel like eating all the foods! I enjoyed the buffet to the full. At“O-Edo onsen monogatari Nagasaki hotel Seifu”

朝の露天風呂を堪能した後には,4階のレストランに向かいました。朝食はバイキング形式でした。 I went to the restaurant on the fourth floor after enjoying the morning spa. Breakfast was buffet style. 清潔感あふれるレストラン内には,選ぶのに迷…

露天風呂で楽しむ長崎の夜景 「大江戸温泉物語 長崎ホテル清風」:An open-air bath where you can enjoy the night view of Nagasaki. At “O-Edo onsen monogatari Nagasaki hotel Seifu”

温泉に浸かりながら観る夜景はまた,一味違います。先日,長崎市の稲佐山にあるホテル「長崎ホテル清風」に泊まる機会がありました。 The night view you look out across while taking a bath is something special. I had an opportunity to stay at a hot…

語ってはいけない本 「慟哭」貫井徳郎著:Books that you are not allowed to talk about “Dokoku” by Nukui Tokuro

感想をはばかるべき本に出会うことがあります。先日読んだ,貫井徳郎さんのデビュー作「慟哭」がまさにそうでした。 Sometimes I find some books that we shouldn’t talk about the impression. Nukui Tokuro’s first work “Dokoku”, which I read the othe…

ライブ配信の喜び ずとまよ,大森靖子:The delights of live streaming  Zutomayo, Omori Seiko

ずっと真夜中でいいのに。の新曲「眩しいDNAだけ」の配信が始まりました。配信に先立って,ACAねさんによるインスタライブがありました。インスタグラムを普段使わないため,どうすれば視聴できるのかわからず慌てふためきましたが,なんとか間に合い…

アルバム・レビュー ましのみ「ぺっとぼとレセプション」:Album reviews “Pet-bottle-reception” by Mashinomi

ハマる曲に出会えます。「プチョヘンザしちゃだめ」の衝撃から1年。先日,ましのみさんのセカンド・アルバムが発売されました。 I'm sure you will find some songs addictive. It’s been a year since the shocking number “Put-your-hands-up shicha dame…

本がますます好きになる本 「桜風堂ものがたり」村山早紀著: A book that makes you love books even more  “Ofudo Monogatari” by Murayama Saki

本屋になりたい。本好きなら,一度は心によぎったことがあると思います。この本を読んで久しぶりにそんな気持ちになりました。 “I want to be a bookseller.” I guess anyone who loves books must have thought like that at least once. I felt like that …

仏蘭西屋の美味しいカクテル「ホット・ティフィン」:Good cocktails in my favorite bar “Hot Tiffin”

冷えた体を温めたいなら,このカクテルもおすすめです。 仏蘭西屋では,小さなホワイトボードに,季節ごとのおすすめカクテルが書いてあります。冬のこの時期には,ホット・ウイスキーやホット・ラムなど,温かい飲み物がそこに並びます。先日は,その中で一…