Turkeyriceの勝手に英訳ブログ Turkeyrice's Blog Written in both Japanese and English

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。2017年に英検1級取得。Talking about Music, Films, Books, TV Programs, and Some Things in Nagasaki

イヤホンレビュー:エビ中とagのコラボ機種「TWS06R‐YK」 Earbuds Review: ‘TWS06R-YK’, a collaboration between Ebichu and ag

5千円以下の安価な外国製品ばかり使ってきた自分には、イヤホンにあまりいい思い出がありません。付け心地がよくなかったり、操作性に不満があったり、ケースへの出し入れがしにくかったりと、不満ばかりでしたが、値段相応とあきらめていました。今回購入し…

カップリングの名曲:私立恵比寿中学「ラブリースマイリーベイビー」 A Masterpiece Which Is Not the A-side: ‘Lovely Smiley Baby’ by Shiritsu Ebisu Chugaku

エビ中の曲を聴くと、なぜか心がリセットされます。自分にとってのホームになっているのを感じます。疲れているときに聴くと元気が出ます。お疲れの人にはお勧めです。そんな数あるエビ中の元気曲の一つがこの曲、「ラブリースマイリーベイビー」です。 Some…

世代を超えて響く曲:eill 「踊らせないで」 A song sounds good beyond generations: ‘Odorasenaide’ by eill

いい年をしたおじさんですが、今どきの音楽に大いに惹かれます。今より昔がいいはずはありません。今の音楽は、これまでの積み上げの上にあるはずです。特にサブスクを利用するようになってからは、興味の幅は広がるばかりです。最近聴いてハマった曲の一つ…

エビ中ファンには気になるあの人の曲:Mega Shinnosuke「明日もこの世は回るから」 A Song by the Artist that the Fans of Ebichu Can’t Help Being Curious about: Mega Shinnosuke ‘Asu mo Konoyo wa Mawarukara’

踊るロクデナシ 私立恵比寿中学 J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes エビ中に提供した「踊るロクデナシ」を書いたときはまだ高校生だったということですから、素晴らしい才能の持ち主であるのは間違いありません。これまでにリリースした2つのEPに入っ…

洋書レビュー(前回の続き):「ザ・ヘイディーズ・ファクター(地獄の因子)」ロバート・ラドラム、ゲイル・リンズ共著(初版2002年) A Review of an English Book (the sequel to the last article): ‘The Hades Factor’ by Robert Ludlum and Gayle Lynds (published in 2002)

アメリカ国内で同時に、しかし互いに離れた3か所で発生した謎のウイルスによる感染症について、最初の糸口をつかむのは、ソフィア・ラッセルという名の女性医師です。国立の感染症研究所に勤務する彼女は、このウイルスのDNAシーケンスデータに奇妙な既視感…

洋書レビュー:「ザ・ヘイディーズ・ファクター(地獄の因子)」ロバート・ラドラム、ゲイル・リンズ共著(初版2002年)  A Review of an English Book: ‘The Hades Factor’ by Robert Ludlum and Gayle Lynds (published in 2002)

The Hades Factor: A Covert-One Novel 作者:Robert Ludlum,Gayle Lynds 発売日: 2000/06/22 メディア: Audible版 タイトルからは想像がつきませんが、謎のウイルスによるパンデミックのお話です。ペーパーバックで400ページを超えるこの本は、全編を通じて…

人生の教科書ドラマ!?:「逃げ恥」新春スペシャル This Drama Is a Textbook for Life!?: A TV drama called ‘Nigeru wa Haji Daga Yaku ni Tatsu’ New Year Special

痛快にためになる内容でした。ここで示されるのは、既成の正しい価値観だけではありません。新しい、だからこそ意識して取り込むべき価値観が満載でした。こんなすてきなドラマを産み出す限り、テレビというメディアの存在価値はなくならないと思います。 It…

ますます使える本:U.S. Black Disk Guide   A Book Which Is Valuable Now More Than Before: U.S. Black Disk Guide

買ってからもう25年になります。ずいぶん長い間、本棚に眠らせていましたが、最近になって、また手に取る機会が増えました。1994年に出版されたこの本は、ソウル・ミュージックのガイドブックとして、この上なく有用な1冊です。 It’s been 25 years since I …

見逃し配信は1月7日午後9時30分まで:サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ2020の感想② You Can Watch It until 21:30, January 7th: My impression of a streaming live concert called Hobo Hobo Toshikosi Live 2020 by Southern All Stars,

お茶の間のセットでの小芝居から始まったこの配信は、まさにエンターテインメントとは何かを改めて思い知らされるものでした。 This streaming, which started with a playacting in a living room setting, made me realize what an entertainment should b…

最高に幸せな年明け:サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ2020の感想-見逃し配信は1月7日21:30まで A Happiest start of the New Year: My impression of a streaming live concert called Hobo Hobo Toshikosi Live 2020 by Southern All Stars, you can watch it until 21:30, January 7th

こんな新年の迎え方も縁起がいいように思います。大晦日の夜10:00から始まったサザンオールスターズの年越しライブは、2時間半にわたるものでした。幸せなことに、2021年の幕開けは、25曲もの曲を披露したこのライブを視聴しながら迎えることになりました。…

正月休みの楽しみ:TVアニメ「呪術廻戦」 One Thing I’m Looking Forward to During the New Year Holidays: A TV animation called ‘Jujutsu Kaisen’

鬼滅にはノリ損ねました。映画公開の前にアマゾンプライムビデオでアニメを観始めてはみました。たしかに面白くて、10話ほどは観たのですが、そのあたりでなんとなく観るのをやめてしまいました。もともとアニメや漫画は大好きで、小学4年生から高校卒業まで…

期待を超えるパフォーマンス:「エビ中 バンドのみんなと大学芸会2020エビ中とニューガムラッド」(フジテレビTWO)再放送は大晦日夕方4時 Their Performance Was Definitely Better Than I Thought It Would Be: ‘Ebichu Band no Minna to Daigakugeikai 2020 Ebichu to New Comrade’(FujiTVTWO), you can watch the rerun at 4 p.m. on D

まだ余韻が醒めません。テレビで観てこんなですから、会場だったらどんだけだったでしょう。 I still feel excited after the live streaming. Considering I was impressed so much by just watching TV, I can’t imagine how much I would have been impre…

今夕生放送!:「エビ中 バンドのみんなと大学芸会2020エビ中とニューガムラッド」(フジテレビTWO)に備えて2019のBlu-rayで気持ち準備中 Streaming Live in This Evening!: ‘Ebichu Band no Minna to Daigakugeikai 2020 Ebichu to New Comrade’(FujiTVTWO), I’m getting myself ready for it watching the blu-ray of 2019 version

夕方4時からの生放送です。生バンドをバックにしたエビ中の大学芸会。18日、26日、27日と予定されていた3日間の公演最終日です。 They will stream it on 4 p.m. That is a concert by Ebichu featuring a big band. And this is the last performance of th…

笑って泣けるクリスマスムービー:「エルフ 〜サンタの国からやってきた〜」(2003)の感想② A Christmas Movie that makes me not only laugh but also cry: My impressions of the Christmas movie called ‘Elf’ (2003) ②

前回の続きです。 I’ll go on with my impressions of this movie. Elf-Funniest Moments 思いっきり笑えるこの映画ですが、ピュアな少年の心をもったバディが故のこの可笑しみは全て、哀しみの裏返しでもあります。父親の愛を求めてやってきた孤児を待ち受…

最高のクリスマスムービー:「エルフ 〜サンタの国からやってきた〜」(2003) A Wonderful Christmas Movie: ‘Elf’ (2003)

探していたクリスマスがここにあります。数あるクリスマス映画の中でも、特別な一つだと思います。クリスマス映画「エルフ 〜サンタの国からやってきた〜」は思い切り笑って同じくらい泣ける、すてきなファンタジーコメディです。 You may find the Christma…

笑顔になるクリスマスソング:ENJOY MUSIC CLUB 「クリスマスをしようよ」  A Christmas Song that Makes Me Smile: `Christmas wo Shiyoyo` by ENJOY MUSIC CLUB

イントロでもう笑顔になります。モータウンを思わせるベースの刻みに思わず体が動きます。それから始まるラップの脱力感が可笑しくて、つい吹き出してしまいます。 A mere listen to the introduction makes me smile. I can’t help moving by the rhythm of…

大好きなクリスマスソング:ダニー・ハサウェイ「This Christmas」 My Favorite Christmas Songs: This Christmas by Donny Hathaway

キャッチーな曲ばかり聴きがちです。お気楽でたぶんに幼稚な自分は、シリアスでやや内省的に響くダニー・ハサウェイの楽曲にはそんなに惹かれません。でも、この曲は別です。1970年リリースのシングル、「This Christmas」は、数あるクリスマスソングの中で…

地方民もノレる東京ソング:ENJOY MUSIC CLUB「東京で考え中」 A Song about Tokyo That Exhilarates Even a Country Bumpkin Like Me: ‘Tokyo de Kangaechu’ by ENJOY MUSIC CLUB

渋谷系、フリーソウルといった80年代後半から90年代の懐かしさが薫ります。3人組のラッパーという以外何も知らない、このENJOY MUSIC CLUBですが、とってもキャッチーでフラワーな楽曲に惹かれます。特にこの「東京で考え中」は、東京ソングが苦手な自分でも…

優しい歌:関取花さん「あなたがいるから」 A Song That Soothes You: ‘Anata ga Irukara’

関取花さんの声が大好きです。こんなに伸びやかで、優しい歌声はめったにありません。11月5日に配信された関取花さんの「あなたがいるから」は、まさに彼女の声のよさが際立った曲です。 I love the voice of Sekitori Hana. Such a relaxed, soothing voice…

色褪せない曲:東京事変「群青日和」 A Song That Never Fades: ‘Gunjyo Biyori’ by TOKYO JIHEN

21世紀の名曲の一つです。先日のFNS歌謡祭でこの曲が歌われた時、喜んだ人も多いと思います。 This is one of the masterpieces in the 21st century. There must have been many people who was exhilarated when this song was sung in the TV program cal…

思った以上に面白い映画:「1917命をかけた伝令」 A Movie that Is More Enjoyable Than I Thought It Would Be: ‘1917’

タイトルにはあまり惹かれませんでした。いかに命がけとは言え、ただ伝令が何かを伝えるだけのストーリーを果たして面白がれるのか、いぶかしみました。あまり期待せずにアマゾンプライム(100円でした)で観始めましたが、10分経った頃には、ものすごく集…

エビ中の隠れた名曲⁉:私立恵比寿中学「スターダストライト」 A Little-known Masterpiece by Ebichu: `Stardust Light` by Shiritsu Ebisu Chugaku

「ちゅうおん」(エビ中恒例の秋のライブです)で初めて聴きました。エビ中にとって、メジャーデビュー2枚目のシングル「GoGo!Here We Go!ロック・リー/大人はわかってくれない」(2012)でリリースされた3種類のCDの一つに収録されていた曲のようです。プレ…

まっすぐな歌:幾田りらさん「ロマンスの約束」 A song with lyrics straightforward: ‘Romance no Yakusoku’ by Lilas Ikuta

いきなりのボーカルから入るこの曲は、まぶしいくらいの多幸感に満ちています。幾田りらさんの2ndアルバム「Jukebox」に収録されている「ロマンスの約束」は、ウエディングソングと言われても信じてしまうほど、愛の形をまっすぐに歌い上げる曲です。YOASOB…

YOASOBIとの違いにギャップ萌え!?:幾田りらさんのアルバム「Jukebox」 The Difference from YOASOBI’s Songs Makes Hers Attractive Even More: An album called ‘Jukebox’ by Lilas Ikuta

YOASOBIの「夜に駆ける」が、ビルボードのJAPAN総合ソング・チャートで1位を獲得したことが話題になっています。リリースは昨年の11月、しかもCDでのリリースはなしでの快挙です。自分自身、いまだに飽きてなくて、かかるとワクワクしてしまいます。 The new…

初めての配信映画:YOASOBIが主題歌を歌う「たぶん」 My first introduction to an online exclusive movie: ‘Tabun’ whose theme song is sung by YOASOBI

新作映画の配信上映を観たのは初めてでした。先日、YOASOBIが歌う「たぶん」が主題歌となっている同名映画を視聴しました。イベント付きの特別配信上映ということで、上映後には日替わりで、出演者やプロデューサーなど映画関係者が登場し、インタビューが行…

エビ中ファンには気になるあの人の新曲:吉澤嘉代子「サービスエリア」 A Newly Released Song by the Artist that Fans of Ebichu Can’t Help Being Curious about: ‘Service Area’ by Yoshizawa Kayoko

つかみどころの無さが魅力です。無数に並んだ引き出しを開くたびに、新しい世界で魅せてくれるのが吉澤嘉代子さんだと思います。11月25日にリリースされた彼女の新曲「サービスエリア」もまた意外性に満ちた、期待を超えてくる良曲です。 The elusiveness of…

冬に聴きたい曲:sumika「まいった」 A Song to Listen to in Winter: ‘Maitta’ by sumika

もう4年も前の曲ですが、プレイリストに入れてしまいました。いまだに飽きていません。sumikaの曲の中でも地味なように思えますが、なぜか1番好きな曲です。 Although this song was released four years ago, I put it in my playlist after all this time.…

歌えたらきっと爽快な曲:Novelbright「Sunny drop」 A Song That I’ll Be Refreshed If I Can Sing It well: ‘Sunny drop’ by Novelbright

ハイトーンボイスにいきなり連れていかれます。爽快です。気持ちいいです。ついつられて口ずさんでしまって、すぐに打ちのめされます。思いあがった自分が悔しくてなりません。歌えたらどんなに痛快な気分でしょう。 I’m carried away by the voice hitting …

究極の選択の行方が気になる映画:ジェニファー・ローレンス主演「パッセンジャー」 A Movie that You Can’t Help Being Curious about the Result of the Crucial Choice: ‘Passengers’ Starring Jennifer Lawrence

ジェニファー・ローレンスの魅力が堪能できます。2016年のアメリカ映画、「パッセンジャー」をアマゾンプライムで視聴しました。 You can fully enjoy the attractiveness of Jennifer Lawrence in this movie. I watched a 2016 American film called ‘Pass…

エビ中ファンには気になるコラボ:石崎ひゅーい feat.尾崎世界観「お前は恋をしたことがあるか」 A Collaboration that Fans of Ebichu Can’t Help Being Curious about: ‘Omae wa Koi o Shitakoto ga Aruka’ by Ishizaki Huwie featl Ozaki Sekaikan

2016年にリリースされた石崎ひゅーいさんのシングル、「ピノとアメリ」のカップリング曲だそうです。当時は、どちらのアーティストにも興味がありませんでした。今聴いてみると、心に沁みてくるとてもいい曲です。 This song is from a 2016 single called ‘…