Turkeyriceの勝手に英訳ブログ Turkeyrice's Blog Written in both Japanese and English

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。2017年に英検1級取得。Talking about Music, Films, Books, TV Programs, and Some Things in Nagasaki

思った以上に面白い映画:「1917命をかけた伝令」 A Movie that Is More Enjoyable Than I Thought It Would Be: ‘1917’

 タイトルにはあまり惹かれませんでした。いかに命がけとは言え、ただ伝令が何かを伝えるだけのストーリーを果たして面白がれるのか、いぶかしみました。あまり期待せずにアマゾンプライム(100円でした)で観始めましたが、10分経った頃には、ものすごく集中して観ていました。

 I was not interested by the title of the movie so much. I wondered whether I could enjoy a story about a messenger, even if he risks his own life to carry the message. I began to watch this movie on Amazon Prime Video (it cost 100 yen) without much expectation, even so I found myself getting into it after about 10 minutes had passed.


サム・メンデス監督作!映画『1917 命をかけた伝令』予告

 映画の冒頭、1917年4月6日という日付が表れたのち、一見のどかな野原で昼寝している2人の兵士が映し出されます。1人はトム、もう一人はウィルです。2人がいるのは、西部戦線にあるイギリス軍の陣地でした。塹壕内にある司令部に呼ばれた2人は、将軍から一つの任務を与えられます。それは、最前線にいる大隊への伝令でした。ドイツ軍による戦略的退却の罠に気付かず、進撃しようとしている大隊に、攻撃中止を伝える重要な任務でした。電話線は全て切断され、伝令による連絡しかとれません。大隊所属の兵士、1600人の命がこの伝令にかかっているのでした。不安な気持ちを抑えて、すぐに出発する2人ですが……。

 This movie starts with the subtitle, “On the 6th of April 1917”, and then you see two soldiers taking a nap on a grassy field, which looks peaceful at first sight, on the screen. One is a guy called Tom, and the other is Will. They are at a British encampment on the western front. They are summoned to headquarters in the trench and are given an assignment by the general. Their assignment is to carry a message calling off the scheduled attack to a battalion which is almost setting off without noticing the trap by German army who is making a strategic withdrawal. The field telephone lines are perfectly cut so they have no choice but to send a messenger. The precious lives of 1600 soldiers who belong to the battalion depend on the two messengers. Suppressing their sense of uneasiness, they soon set off…….

 日本人にとって、第一次世界大戦というとあまり実感がわきません。しかし、ヨーロッパの人々にとっては、第二次世界大戦以上に、戦争の悲惨さを目の当たりにしたのがこの戦争だったようです。この映画で思い知らされるのは、まさにその悲惨さがどんなものだったかということです。無駄な描写の無いこの映画は、始まって数分後には、塹壕戦の恐ろしさを突き付けてきます。視聴者の目線は、トムとウィルの目線そのものです。最前線までのわずか14.5kmという道のりが、どんなに遠く危険なものか腹の底から思い知らされます。この時代のヨーロッパに生まれなくてよかったと、芯から思います。

 For us Japanese, World War Ⅰ doesn’t feel real. However, the war was severe and cruel even more than World War Ⅱ for European people. You will realize what the cruelty was like through watching this movie. The story is not tedious at all, so you’ll realize how horrible trench warfare is in less than ten minutes. The audience sees everything through the eyes of Tom and Will. Although the distance they have to go is only 14.5 km to the front line, you’ll learn painfully how long and dangerous it is. You may feel you are lucky not to have been born in Europe in that era from the bottom of your heart.     

 観終わって、改めて平和の尊さを噛み締めました。そんな気持ちになれるというだけで、この映画は見る価値が十分にあります。

 After watching this movie, I deeply appreciated my peaceful daily life. I believe it is worth watching this movie just because I felt that way. 

1917 命をかけた伝令 (字幕版)

1917 命をかけた伝令 (字幕版)

  • 発売日: 2020/05/20
  • メディア: Prime Video
 

  

turkeyrice.hateblo.jp

turkeyrice.hateblo.jp

turkeyrice.hateblo.jp

turkeyrice.hateblo.jp

turkeyrice.hateblo.jp