Turkeyriceの勝手に英訳ブログ Turkeyrice's Blog Written in Both Japanese and English

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。Talking About Music, Films, Books, TV programs, and Some Things in Nagasaki

吉澤嘉代子さんとエビ中の相性よすぎでは?:「面皰」「日記」「曇天」 Yoshizawa Kayoko and Ebiichu Are Really Well Suited for Each Other: “Nikibi”,”Nikki”,”Don Ten”

 エビ中のアルバム、MUSiCのよさが止まりません。このところ、このアルバムばかり、ヘビロテしています。たたみかけてくる、なりふり構わぬ元気ポップの連続が気持ちよくて、なすすべもなく身を任せてしまっています。

 I can’t get enough of the album called “MUSiC”, released by Ebichu. Recently, I only listen to this album. I can’t help listening to the songs in the album because it makes me feel good to be into the energetic pop songs coming in rapid succession.


私立恵比寿中学 「BUZZER BEATER」MV


私立恵比寿中学 「明日もきっと70点 feat.東雲めぐ」MV
私立恵比寿中学 「元気しかない!」MV 

 なかでも、吉澤嘉代子さん作詞・作曲の「曇天」は何かしら特別です。聴いた瞬間、ご本人ではと思ってしまうほどに、彼女らしさが際立っている曲ですが、しかし一切の違和感なく、このアルバムに収まっています。

 Above all, “Don Ten”, which is written by Yoshizawa Kayoko, is something special for me. I suspected Yoshizawa would have sung it by herself when I hear it for the first time because it sounded typical of Yoshizawa’s songs. However, this song naturally fit in this album.


吉澤嘉代子「ねえ中学生 feat.私立恵比寿中学」MUSIC VIDEO

 吉澤さんとエビ中の関わりを知ったのは、ずいぶん前でした。2016年のアルバム「吉澤嘉代子とうつくしい人たち」の2曲目、「ねえ中学生」でエビ中がコーラスとして参加しているのは知っていました。しかし、吉澤さんが「面皰」や「日記」という楽曲を私立恵比寿中学に提供していたのは、うかつにも知りませんでした。

 In fact, I’ve long since known the relationship between Yoshizawa Kayoko and Ebichu. Ebichu joined the song called “Ne-e Chugakusei”, which is the second track of her album called “Yoshizawa Kayoko to Utsukushii Hitotachi” released in 2016,  as a chorus. However, I was careless enough not to have noticed that Yoshizawa wrote two songs, “Nikibi” and “Nikki”, for Ebichu.


私立恵比寿中学 『面皰』

 どうしても聴きたくなって「面皰」「日記」を緊急ダウンロードしたところ、めちゃくちゃよくて驚きました。「面皰」は可笑しみにあふれている上に、その可愛さは米津玄師さんの「パプリカ」を想わせます。「日記」は多幸感にあふれています。どちらもクセになるぐらい良い曲です。

 I couldn’t help but listen to the two songs so I downloaded them immediately to end up being amazed by because they were extremely good. “Nikibi” is quite humorous and so adorable that it somehow reminds me of the song called “Paprika” written by Yonezu Kenshi..“Nikki” sounds full of euphoria. Both are so good that they could be addictive.

 吉澤嘉代子さんの魅力は、引き出しの多さからくる、捉えどころの無さではないかとみています。それは創造性の高さによるものでしょうが、創造性は虚構性につながります。「女優」というアルバムに感じた統一感は、その虚構性を迷いなく前面に押し出した故だったのではないでしょうか。そして、彼女の引き出しの多さは、ときに本人の手に余るほどのように感じます。様々なキャラクターで構成されたアイドルグループこそ、その虚構性を体現する器としてふさわしいのかもしれません。両者の相性のよさがそこにあるならば、これからどんな作品が生まれるか、楽しみが尽きないように思います。

 I feel an intangible charm from Yoshizawa Kayoko’s songs and the reason I do might be because she has lots of ideas. She is creative very much and the creativity could lead to fictionality. The pleasing unity that I felt from her album called “Jyoyu” is the result of the fact that she emphasized the fictionality without hesitation. Sometimes it somehow seems to me that she has too much ideas. So an idol group like Ebichu, which has the members with various characters, is something suitable for her to embody her fictionality. If that were the case, I’m really looking forward to the songs they will produce in the future, too.


私立恵比寿中学 「自由へ道連れ」from 椎名林檎トリビュートアルバム「アダムとイヴの林檎」

 考えてみると、エビ中椎名林檎さんのトリビュート・アルバム「アダムとイヴの林檎」にも参加しています。林檎さんといえば、「歌舞伎町の女王」以来、予想もつかない虚構の世界を構築してきたアーティストです。このトリビュート・アルバムでもいい仕事をしているエビ中に、アイドルグループの持つ可能性の大きさを感じています。

 Come to think of it, Ebichu joined the tribute album for Shiina Ringo, “Adam to Eve no Ringo”, too.  Shiina Ringo is the artist who has built unpredictable fictional world since the song called “Kabukicho no Jyo-ou”. I felt some great potential as an idol group from Ebichu who played an important role in the tribute album.

 

turkeyrice.hateblo.jp

turkeyrice.hateblo.jp

turkeyrice.hateblo.jp 

アダムとイヴの林檎

アダムとイヴの林檎

 

 

吉澤嘉代子とうつくしい人たち (通常盤CD)

吉澤嘉代子とうつくしい人たち (通常盤CD)

 

  

MUSiC(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付)

MUSiC(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付)