turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

The more I listen to it, the more I'm into it. : 聴けば聴くほど 椎名林檎トリビュートアルバム 「アダムとイヴの林檎」 再レビュー

 

 トリビュートアルバム「アダムとイブの林檎」を購入して3週間がたちました。聴くほどによさが沁みてきて,言いたい気持ちが募ってきます。トリビュートアルバムとは言え,結局は全てカバーソングであり,新鮮味を感じることはないだろうとたかをくくっていたのですが,実際は新曲を聴くようにワクワクして聴き入っています。組み合わせの妙というか,まさかこの人がこんな曲を,という予測不能なスリルから入るだけに,聴いた結果の予想外のよさに感動が走り続けます。

 It’s been three weeks since I bought a tribute album “Adam to Eve no Ringo”. The more I listen to it, the more I want to mention about it. I just thought that a tribute album means all the songs in it are merely cover songs so I’ll never feel something new there, but actually I’m exhilarated and into them now. I found a marvel of combinations between vocalists and songs in the album, even though I was wondering what the result would be like from those unpredictable combinations, and now that I know how better they are than I thought, I can’t help feeling moved unstoppably.


theウラシマ’S - 正しい街 (椎名林檎トリビュート・アルバム『アダムとイヴの林檎』より)

 まず1曲目,亀田さんプロデュースの「正しい街」はスピッツ草野マサムネさんがボーカルです。スピッツは昔よく聴いていましたが,林檎さんの曲との相性など思いつきもしないことで,それがこんなにも耳触りのいい曲に仕上がっているのが驚きです。

 First of all, “Tadashii Machi” produced by Kameda and the vocalist is Kusano Masamune from Spitz, I used to listen to Spitz but I never even imagined that the vocalist would sing Ringo’s song, so I’m surprised to find this song ending up so good to listen to.

 5曲目の「都合のいい身体」のボーカルはオリジナル・ラブ田島貴男さんです。渋谷系の大御所が新宿系をカバーするというだけで勝手に感慨を深くしてしまいます。元ネタの方はあまり聴きこんでいなかったものの,今さらながらいい曲なんだと身に沁みました。

 The fifth song “Tsugou no Ii Karada” is sung by Tajima Takao from Original Love. The fact that a big name of so-called Shibuya-Kei covers so-called Shinjyuku-Kei’s song makes me impressed deeply. Actually I didn’t listen to Ringo’s original intently, but I’m realizing now it is so good.

 自分にとってむしろ衝撃が大きかったのは,三浦大地さんによる「すべりだい」,そしてAIさんによる「罪と罰」です。最も興味の薄い方たちでしたが,今回その魅力を思い知らされました。三浦大地さんは踊っている映像が勝手に浮かんできます。お二人とも声が大変魅力的とわかりました。

 Some songs I was amazed even more were “Suberidai” by Miura Daichi and “Tsumi to Batsu” by AI, I had no interest them as singers before but now I know how attractive they are. An image Miura Daichi dancing comes to my mind when I listen to the song. I found that each of them has really fascinating voice.

 いいドラマの特徴は,出ている俳優さんの魅力が最大限に引き出されることだと感じています。なぜかこのアルバムにも同じ法則を感じます。様々なアーチストさんの素晴らしさを再発見できることがこのアルバムのよさだと思っています。しかし,それ以上に思うのは,林檎さんの楽曲がいかに素晴らしいかということです。本人の手元を離れて他者の口から発される曲たちは,ある意味,裸にされるような,衣装替えされるようなものだと思います。そこで明かされる素性の良さは,まさに脱げば凄いという肉体美です。あらためて椎名林檎さんのアルバムを聴き直したくなっています。

 A characteristic of a good drama is, I believe, the charm of actors who appear in it are fully brought out. I somehow feel the same thing in this album. A good point of this album is maybe you can rediscover various singers’ charm it. However, I feel even more now is how good Ringo’s original songs are. In my opinion, the songs covered by other singers undergo a great change in a sense as if it were taken off or changed all the getup. The essence extracted there is kind of a physical beauty that you would find someone unexpectedly attractive when a person takes off the clothes. Now I want to listen to Shiina Ringo’s albums again. 

アダムとイヴの林檎

アダムとイヴの林檎