Turkeyriceの勝手に英訳ブログ Turkeyrice's Blog Written in Both Japanese and English

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。Talking About Music, Films, Books, TV programs, and Some Things in Nagasaki

インストナンバーの魅力:コーデュロイ 「ハイ・ハヴォック」 Some Instrumental songs I love: Corduroy “HIGH HAVOC”

 90年代にアシッド・ジャズにハマった人は多かったと思います。ジャミロクワイインコグニート、マザー・アースなど、めちゃくちゃカッコいい音があふれていました。ここ数年、日本のバンドでも、cero、ナルバリッチ、Suchmosなど、アシッド・ジャズ寄りの音が増えていたように思います。

 There should have been many people who was into acid jazz in the 90s. I remember so many cool bands like Jamiroquai, Incognito, Mother Earth and so on. Now I find some Japanese bands playing acid jazz recently, for example, cero, Nulbarich, Suchmos, etc.


Incognito - Don't You Worry 'Bout A Thing (HD)

 クールな音にあふれた90年代のアシッド・ジャズの中にありながら、なんとなく間の抜けた、半笑いになるようなジャケットのCDがありました。イギリスのバンド、コーデュロイの「HIGH HAVOC」です。

 There was a CD that made me giggle because its jacket was looked a bit ridiculous among the cool sounds of acid jazz in the 90s. That CD was “HIGH HAVOC”.by Corduroy, a British band. 

High Havoc

High Havoc

 

  へまをして捕まる直前のスパイのような4人に妙に心を惹かれ、CDを手に取ったのを覚えています。ワクワクしながらかけてみると、ハモンド・オルガンを効果的につかったその音は、本当にスパイ映画のサントラのような響きでした。ところどころで可笑しみのあるコーラスが入りますが、収録されている14曲の多くがインストナンバーです。もともとインストにあまり興味はなかったのですが、このアルバムは、本当に気持ちよくて、なぜか飽きずに長く聴いていられました。

 I was somehow intrigued by four guys on the jacket, who looked like spies being captured due to a blander, and I bought the CD. I listened to it with some expectation to find it somewhat like sound tracks of spy movies using the Hammond organ effectively. In some part, you can hear backup choruses which somehow sounds humorous, but many of those 14 tracks are instrumentals. Actually, I was not interested in instrumentals so much, but this album was so good that I somehow didn’t get enough of them for a while.     


Corduroy - High Havoc


Corduroy Breakfast in Love

 60年代のバンドのアルバムにも、意外にインストの良い曲があるように思います。先日ふれたスペンサー・デイヴィス・グループにはWaltz for Lumumbaという曲があるし、スモールフェイセズにはWide Eyed Girl On The Wallというとっても素敵な曲があります。なんとなく深夜のラジオ番組を連想してしまう音ですよね。

 There were, in my opinion, many good instrumentals among the albums of bands in the 60s, too. The Spencer Davis Group, the band I mentioned the other day, had a good instrumental song called “Waltz for Lumumba”, and the Small Faces also had a good one called “Wide Eyed Girl on The Wall”. They somehow remind me of a midnight radio program.


The Spencer Davis Group - Waltz For Lumumba


The Small Faces "Wide-Eyed Girl On The Wall"

 そういえば、sumikaのアルバムには、1stにも2ndにもそれぞれ1曲インストが入っていますが、どちらも名曲です。

 Let me say in passing, each album of sumika, the 1st album and the 2nd, also has an instrumental song, and I love them, too. 

ピカソからの宅急便(Instrumental)

ピカソからの宅急便(Instrumental)

  • provided courtesy of iTunes

 

Hummingbird's Port(Instrumental)

Hummingbird's Port(Instrumental)

  • provided courtesy of iTunes

  

turkeyrice.hateblo.jp

turkeyrice.hateblo.jp