Turkeyriceの勝手に英訳ブログ Turkeyrice's Blog Written in both Japanese and English

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。2017年に英検1級取得。Talking about Music, Films, Books, TV Programs, and Some Things in Nagasaki

アルバムレビュー:sumika「Chime」  Album Reviews: “Chime” by sumika

 3月13日にリリースされたsumikaの2ndアルバム「Chime」は、期待を裏切らない素晴らしい仕上がりです。

  Sumika’s 2nd album “Chime”, released on March 13, is so good as I expected it would be. 


【2019/3/13発売】sumika / 「Chime」全曲試聴teaser

 収録されている曲は次の通りです。

 The songs that are contained in this album are as follows. 

  1. 10時の方角
  2. ファンファーレ
  3. フィクション
  4. Monday
  5. ホワイトマーチ
  6. Strawberry Fields
  7. 秘密
  8. 春夏秋冬
  9. Hummingbird's Port [Instrumental]
  10. Flower
  11. ペルソナ・プロムナード
  12. あの手、この手
  13. ゴーストライター
  14. Familia 

 ファーストアルバム「Familia」の完成度があまりにも高かったので、実は勝手に不安がっていましたが、全くの杞憂でした。ここにある14曲のどれをとってもシングルカットしていいぐらい、キャッチーな曲ばかりです。一曲目「10時の方角」は始まりにふさわしい勢いがあり、その勢いのまま、次から次と楽曲が連なっていきます。

 I actually worried about whether it could be as good as their 1st album because the 1st one was somewhat perfect for me, but that turned out just a groundless fear. Every single song among the fourteen tracks in this album is so catchy that they could be released as a single version. The first track “Jyuji no Hogaku” has an enough momentum as the starting song, and the momentum is kept through following songs.


sumika / 10時の方角【Music Video】


sumika / Familia【Music Video】

 こんな健全な、暴力的なまでの明るさこそがsumikaのよさだと思います。それは、どちらかといえば不健康な音が好きなロック好きにとって、手放しで好きというには、まぶしすぎるような輝きかもしれません。自分もsumikaを好きになるのに、実は時間がかかりました。しかし、作りこまれた楽曲のクオリティとどうしても口ずさみたくなるキャッチーなメロディーは、個人的な好みを超えさせる力があるように思います。

 Such a wholesome, even violently cheerful mood is characteristic of sumika. The cheerfulness might be too bright for someone who loves rather unwholesome rock music to become fond of it heartily. In my case, it took a while to become so, too. However, the quality songs they make meticulously and the catchy melodies are so powerful that I can say they are beyond the individual taste.

 また、その一方で、7曲目の「秘密」のような、ちょっと切ないバラード、11曲目の「ペルソナ・プロムナード」のようなコミカルでワイルドな曲、さらには前回紹介した「あの手、この手」のような不穏さまで感じさせるような失恋ソングにも、sumikaらしさを感じるから不思議です。最後の曲、14曲目の「Familia」を好きにならない人はいるのでしょうか。いたら話し合いたいです。

 In the meantime, there are various types of songs, for example, a ballad with a bit sad mood like “Himitsu”,the seventh track, a comical, wild song like “Persona Promnade”, the eleventh,  and even a song with restless mood about an unrequited love like “Ano Te, Kono Te”, which I mentioned last time. I wonder why I feel their particular characteristic from those songs. I also wonder if there is someone who doesn’t like “Familia”, the fourteenth track. If there is, I want to talk to him or her.

 どれだけ引き出しがあるのか、底なしの魅力と可能性を秘めたバンドだと、あらためて思い知らされました。飽きずに長く楽しめるアルバムです。

 Now I realize again they really have infinite attractiveness and potential as a band. This is an album that you can’t get enough of so soon. 

【早期購入特典あり】Chime(初回生産限定盤)(DVD付)(クリアファイル付)
 

  

turkeyrice.hateblo.jp