Turkeyriceの勝手に英訳ブログ Turkeyrice's Blog Written in both Japanese and English

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。2017年に英検1級取得。Talking about Music, Films, Books, TV Programs, and Some Things in Nagasaki

仏蘭西屋の美味しいカクテル「ホット・ウイスキー」:Good cocktails in my favorite bar  “Hot Whisky”

 寒い日は,こんな温かさが恋しくなります。この季節,カウンターについてまず頼みたい1杯目はホット・ウイスキーです。ただのお湯割りではなく,砂糖とレモンが入っていて,それにシナモンのスティックとクローブで香りづけしています。

 On a cold day, I miss such a warmth. It is hot whiskey that I want to order as the first drink just after sitting at the counter in this season. The hot whisky served there is not just diluted with hot water, but it is the one with sugar and sliced lemon, plus it is flavored with a cinnamon stick and some cloves.

f:id:turkeyrice:20190201223624g:plain

 最近,マスターがおすすめしてくれたCDの一つが「ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン」でした。1954年に録音されたこのアルバムは,ジャズ好きには名盤として知れわたっているようです。ジャズの楽しみ方が分かってない自分でも,ヘレン・メリルのハスキーな歌声とクリフォード・ブラウンのトランペットとの掛け合いに心を奪われます。「ブラウニー」の愛称で親しまれたクリフォード・ブラウンはこのアルバムの2年後,交通事故のために25歳の若さで亡くなったそうです。

 One of the CDs the bartender recommended me recently was “Helen Merrill with Clifford Brown”. This album which is recorded in 1954 is widely known as a classic jazz album for jazz devotees. Actually, I don’t know how to enjoy jazz, even so I’m fascinated by the music which is partly sung by Helen Merrill and partly played by Clifford Brown, the trumpeter. Clifford Brown whose nickname was “Brownie” died at the age of 25 in a car accident only two years after this album was recorded.


Helen Merrill with Clifford Brown / You'd Be So Nice To Come Home To

 ホット・ウイスキーで暖をとりながら,素敵な音楽に耳を傾けていると幸せな気持ちになります。

 I always feel happy when I listen to good music having hot whisky to warm myself. 

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン

 

 turkeyrice.hateblo.jp