turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

Good cocktails in my favorite bar: 仏蘭西屋の美味しいカクテル 「ヨコハマ」

 以前,「カミカゼ」というカクテルについて書いたことがありました。いかにも日本的な名前のこのカクテルは,実はアメリカ生まれということでした。仏蘭西屋のメニューをめくると,ずばり日本の地名が名前として付いているカクテルに出会えます。「ヨコハマ」です。

 I wrote about the cocktail “Kamikaze” in this blog before. That cocktail seems really just like Japanese one with that name, but actually it may be from America. You can find a cocktail with just a name of a place in Japan when you look over the menu of France Ya. The cocktail is “Yokohama”.

f:id:turkeyrice:20181207225806g:plain

 メニューをめくっていて「ヨコハマ」を見かけるたびに,つい注文したい気になりますが,すぐにためらってしまいます。見た目にも美味しそうなこのカクテルには,実はクセのあるお酒が入っているのです。ペルノー,またの名をアブサンです。ペルノーはフランスでの商品名とのこと。初めてアブサンの入ったカクテルを飲んだ時は,その独特な甘苦さに顔をしかめたのを覚えています。「客船のバーテンダーが考えたらしかよ」とマスターが教えてくれました。自分でも調べてみましたが,極東航路の客船で,そのバーテンダーが誰か,国籍すら全く不明の模様です。

 Whenever I see “Yokohama” in the menu, I feel like ordering it but I always hesitate to do so. This cocktail looks really tasty but it contains a spirit which has a peculiar flavor. Pernod also known as absinthe. Pernod is a brand name from France. I remember when I had a cocktail which contained absinthe for the first time and I winced at the strange sweetness and bitterness of it. “This cocktail was invented by a bartender who worked on a passenger liner” the bartender told me. I also checked it out by myself only to know that the passenger liner was on the far east run, and there wasn’t any information about who the bartender was or even what nationality he or her was.

 レシピは,ドライ・ジン2,ウォッカ1,オレンジジュース1,グレナデン・シロップ1,そしてペルノーを少々です。久しぶりに頼んでみました。一口含むと,ほんのわずかしか入っていないペルノーの香りが勝っているのがすぐにわかります。夕日のような美しい色合いを楽しみながら,美味しくいただきました。

 The cocktail is made of 2 parts dry gin, 1part vodka, 1part orange juice, 1 part grenadine syrup and  just a dash of Pernod. I ordered it for the first time in a long while. With just the first sip, I could feel the scent of Pernod was overpowering even though it was used just a little. I drunk it with relish enjoying the coloring like the sunset.   

turkeyrice.hateblo.jp