turkeyriceのブログ

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。

The album even better than I expected: 期待を超えたアルバム ずっと真夜中でいいのに。 ミニアルバム 「正しい偽りからの起床」

 期待が大きいほど,それに応えるのは難しいものです。しかし,満を持して発売された,ずっと真夜中でいいのに。の初ミニアルバムは,こちらの期待をはるかに超えてくる素晴らしい出来でした。歌い手であり,作詞作曲もされているACAねさんに,底なしの才能を感じています。

 収録曲は次の通りです。

 When the expectation is too much, it is quite difficult to live up to it. However, the first mini album of Zutto Mayonaka de Iinoni which was released after thorough preparations was really good, even much better than I expected. ACAne who is the singer and the song writer of the band seems to have infinite talent. The contents of the mini album is as follows.

01. 秒針を噛む
02. ヒューマノイド
03. サターン
04. 雲丹と栗
05. 脳裏上のクラッカー
06. 君がいて水になる

    ※07~12はインスト


【期間限定公開】ずっと真夜中でいいのに。1st miniAL『正しい偽りからの起床』2018.11.14 発売 全曲ダイジェスト

  すでに配信されていた3曲を除くと,今回初めて聞いた曲は「サターン」,「雲丹と栗」,そして,「君がいて水になる」です。静かな出だしからサビに向かって劇的な盛り上がりを見せる「サターン」,とても可愛らしいイントロで始まり,歌詞もとてもキュートな「雲丹と栗」,ベースとキーボードが刻む印象的なフレーズに続いて大人びた雰囲気のメロディが流れる「君がいて水になる」と,それぞれ全く異なる印象をもつ楽曲たちです。共通するのは,予想を裏切るようなメリハリのある展開,単純ではないのにとてもキャッチーで癖になるサビのように思えます。ボーイッシュなACAねさんの声は,ささやくときも声を張るときもすばらしい安定感を感じさせます。

 Except for the three songs that was already released, other three songs, “Saturn”, “Uni to Kuri” and “Kimi ga Ite Mizu ni Naru”, were totally new to me. “Saturn” which starts with rather quiet atmosphere but dramatically reaches a climax, “Uni to Kuri” whose introduction is so cute and the lyrics are also adorable, and “Kimi ga Ite Mizu ni Naru” which has somewhat impressive phrase played with bass and keyboard followed by melodies with adult-oriented atmosphere, each of them gives totally different impression. Something common among them is that they have rather unpredictable development and the climax of the songs are really catchy and haunting. ACAne’s voice which sounds rather boyish has great stability no matter when she is whispering or howling at the top of her voice.

 ミニアルバムとは言え,始めからいきなり完成した姿を見せつつ,さらには無限の可能性も感じさせる出来栄えは,椎名林檎さんの「無罪モラトリアム」を引き合いに出したくなるほどです。

 Despite the mini album, it is somewhat consummate and makes me feel infinite possibility of the band. It is so good that I’d like to even compare it with “Muzai Moratorium”, Shiina Ringo’s first album.

正しい偽りからの起床(通常盤)

正しい偽りからの起床(通常盤)

 

 turkeyrice.hateblo.jp