Turkeyriceの勝手に英訳ブログ Turkeyrice's Blog Written in Both Japanese and English

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。Talking About Music, Films, Books, TV programs, and Some Things in Nagasaki

A way of drinking spirits I haven’t known : 初めて知ったウイスキーの飲み方 「トワイスアップ」

 いつもはオン・ザ・ロックで楽しんでいるアイラウイスキーですが,先日,仏蘭西屋のマスターが新しい飲み方を教えてくれました。「トワイスアップ」です。グラスに注いだウイスキーに,それと同量の天然水を注ぐという飲み方です。いわゆる水割りが,氷を使う上にウイスキーの2倍以上の水を加えるのに比べ,ウイスキー本来の風味を最後の一滴まで味わえるというよさがあるようです。前回ふれた村上春樹さんの「もし僕らの言葉がウイスキーであったなら」でも,アイラ島の人々は皆,シングルモルトを水で薄めて飲むということが書いてありました。ストレートよりも自然な飲み方なのだと思います。

 I always enjoy Islay whisky on the rocks, but the other day, the bartender of France Ya told me a new way of drinking whisky. It’s called “twice up”. You pour some whisky into a glass first, then you add the same amount of natural water to it. The so-called "whisky and water" is something using some ice and more than two parts of water, comparing with this way, twice up enable you to enjoy the original flavor of the whisky to the last drop.  Murakami Haruki wrote that people in island Islay drink whisky adding some water without exception in the book “What if our words are whiskey” which I mentioned in this blog before. I guess this way of drinking is more natural than drinking “neat”.  

f:id:turkeyrice:20180722184507j:plain

 この飲み方を教わった日,隣の席には埼玉出身で,現在メキシコに赴任されているという方が座っておられました。自分が座った時にちょうどアイラウイスキーアードベッグを注文されていました。話が弾んで,メキシコでの医療の事情,治安,人々の気性などをお聴きすることができました。この会話と相まって,ラフロイグのトワイスアップがめちゃくちゃ美味しく感じられました。またいつか,この方にお会いできたら嬉しいです。

 On the day I learned this way of drinking, a guy who is from Saitama and now living and working alone in Mexico sat next to me. He just ordered Ardbeg, a kind of Islay whisky, when I sat at the counter.  We had a lively conversation about Mexico like medical conditions, security, temperament of Mexicans and so on. I savored Laphroaig twice up very much. I hope I can see this guy again sometime in the future.