Turkeyriceの勝手に英訳ブログ Turkeyrice's Blog Written in Both Japanese and English

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。Talking About Music, Films, Books, TV programs, and Some Things in Nagasaki

捕虜収容所に見る戦争の非人間性③:ジェームズ・クラベル著「キングラット」を読んで The Inhumanity of Wars Which Can Be Seen through a POW Camp③: “KING RAT” by James Clavell

 題名のキングラットとは、キングが金儲けのために行った一つの試みに関係しています。彼は、ネズミを飼育して、その肉を売りさばこうとしていたのでした。それは、一匹の大きく、凶暴なネズミを捕らえたことをきっかけに始まりました。しかし、床下に設けられた飼育施設内に多くのネズミが残されたまま、終戦とともに計画は頓挫してしまいます。そして、はじめの一匹であるねずみ、キングラットが、金網を破り、自分の子らを食い散らしながら生き延びる様子が描かれてこの物語は終わります。金網の中に捕らえられたネズミたちの姿は、囚人たちの姿と重なります。凶暴なキングラットの姿は、囚人たちを食い物にし、自分だけが肥えていたキングの姿にも見えます。

 “KING RAT”, the title, has something to do with a thing that King was trying to do for making money. He tried to breed rats in order to sell their meat for food. He came up with the idea when he caught a big, ferocious male rat. However, the plan was aborted because of the end of the war leaving many rats in a breeding facility under the floor. This story ends with the scene where the first rat, called King Rat, broke the cage and survived eating his offspring. The rats in their cages remind readers of the prisoners. The ferocious King Rat is a small version of King, who exploited other prisoners to skim the cream just for himself.

 この物語の準主役と言っていいピーター・マーロウは、作者のジェームズ・クラベル自身を投影したものと言われています。実際に捕虜として3年間、チャンギの収容所を体験した人物による作品だからこそ、物語の設定には信ぴょう性があります。キングに対し、全員が背を向ける中、ピーターだけはキングのことを友として最後まで慕い続けるのでした。塀の中では異様に感じる彼の姿は、実際には現実にあるべき人の姿であることは間違いありません。狂気に抗い、正気を保ち続けたのはキングだけであり、ピーターにとって、彼はやはり自由の象徴なのでした。

 It is often said that Peter Marlowe, who can be called a key supporting role, is based upon Clavell’s younger self. He was, in fact, prisoned in the Changi prison camp for three years so the settings of this story are authentic. Peter continued to be friends with King even when others turned the cold shoulder on King. It is true that what he had looked like, even if it had looked insane in the prison, is what a person should be like in a ordinary life,  He was the only person who fought against insanity and stay sane, and that’s why King is the symbol of freedom for Peter.

f:id:turkeyrice:20190819170750p:plain
f:id:turkeyrice:20190819170753p:plain
チャンギ国際空港

 現在、シンガポールチャンギと言えば、世界で最も高い評価を受けている国際空港があることで知られています。この平和な世界で、繁栄を謳歌しているこの場所で、過去にこんなことがあったことを想うと感慨深い気持ちになります。

 余談ですが、この物語は1965年に映画化されているようです。

 Speaking of Changi, it is now famous because of the international airport that is currently rated the world’s best airport for these years. When I consider this thriving place, in such a peace world, is a place which has such a terrible history, something stirs deep inside me.

 By the way, there seems to be a movie version of this novel released in 1965.