turkeyriceのブログ

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。

数学者を扱った映画③「グッド・ウィル・ハンティング」: Movies about mathematicians③”Good Will Hunting”

 名作,と言いたい映画の一つです。数学者を扱った映画と言っても,この映画は全くのフィクションで,前回までにふれた2作とは全く毛色の違うものです。主人公は確かに数学の天才ですが,その才能をフルに発揮していくようなサクセス・ストーリーではありません。主人公の特性としての数学の才能は,この映画の中で描かれる大切な出会いのきっかけを作るための,重要な要素として設定されています。

 I want to call it a masterpiece. This movie is surely the one featuring a mathematician, but this is a perfectly fiction so totally different from those two movies I mentioned these last two times. The main character of this movie is certainly a genius in mathematics, but it is not a success story in which he achieves something showing his skills fully. His mathematical talent is just supposed to be characteristic of him and it is also an important element for an encounter which is a significant part in this movie.


グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち - 予告編 (字幕版)

 20歳の青年,ウィル・ハンティング(マット・デイモン)は,MIT(マサチューセッツ工科大学)で清掃員として働いています。ボストンの下町育ちのウィルは,生意気で素行が悪く,仲間とつるんでは,喧嘩に明け暮れているのでした。

 ある日,MITの数学教授ジェラルド・ランボーステラン・スカルスガルド)は,廊下の黒板に数学の難問を出します。大学院生向けに出されたこの問題を易々と解いたのは,なぜか匿名の人物でした。この謎めいた人物を試そうと,教授はさらに難しい問題を出します。教授は,一人の若者が黒板に解答を書いているのを偶然に発見しますが,それはなんと清掃員のウィルなのでした。教授を振り切って逃げだしたウィルは,自分が起こした乱闘事件で裁判にかけられますが,教授の申し出たある要件を満たすことと引き換えに,実刑を免れます。その要件とは,教授の下で数学を学びながら,更生のためにセラピーを受けるということでした。しかし,セラピストなど馬鹿にして相手にもしないウィルに教授は困り果て,学生時代のルーム・メイトだった心理学者のショーン・マグワイアロビン・ウィリアムス)にウィルのセラピーを依頼するのですが……。

 Will Hunting is a young guy, twenty, who works as a janitor at MIT. Will, who is from South Boston, is a cheeky delinquent and always hang around with bad company causing troubles.

 One day, Gerald Lambeau, a professor of mathematics at MIT, posts a difficult mathematics problem on a blackboard in the hallway. This problem was given to graduate students, actually, but the one who solves easily it was somehow anonymous. Lambeau posts another problem which is more difficult than first one to challenge the person. Lambeau happens to find a young guy writing the answer on the blackboard, and the guy is Will, the janitor. After shaking off the professor who tries to catch him, he faces trial for a brawl, but he avoids imprisonment in exchange for accepting Lambeau’s offer to be fulfilled. The offer requires him to study mathematics under Lambeau and take rehabilitation therapy. However, Will treats some therapists with mockery, so Lambeau ends up asking his college roommate Dr. Sean Maguire who is now a psychologist, to take care of Will…….

 マット・デイモンロビン・ウィリアムスも,実は特に興味のある俳優ではありません。しかし,この映画では2人のことを愛おしく思えるほど,十分な魅力が出ています。ショーンに対しても,ウィルは簡単に心を開きません。しかし,互いに傷つけ合い本音をぶつけ合う中で,セラピストと患者の間柄を超えた,友情と呼べるほどの関係が生まれてきます。その過程が丁寧に好ましく描かれたところで,2人には,生い立ちにおける哀しい共通点があることが浮き彫りになり,観る者は共感を深めます。同時進行で,ウィルの恋や友情についても,いかにもアメリカらしいジョークやユーモアを巧みに織り交ぜながら,生き生きとした描写がなされます。

 Actually, I’m not a big fan of either Matt Damon or Robin Williams. Even so, they were so attractive that I somehow felt affection for them. Will doesn’t open up to Sean at first, too. However, they gradually make friends, beyond the relationship between a therapist and his patient, through hurting and telling their true feelings each other. The process is depicted scrupulously, agreeably, and then the fact they have the same kind of unfortunate early background comes out so the audience feel deep empathy for them. At the same time, episodes about Will’s love or friendship are depicted vividly blending typical American jokes or humors.

 1997年に制作されたこの映画は,マット・デイモン出世作で,脚本の原案も本人によるものです。アマゾン・プライムでは現在,無料ではありませんが,200円ほどで視聴できます。久しぶりに観てみました。ランボーがウィルの才能について語る際,先日ふれた数学者ラマヌジャンを引き合いに出しているのに喜びました。最後に,エンド・ロールで流れる「アフタヌーン・ディライト」を聴きながら,ウィルの未来に勝手に思いを馳せて観終わりました。やっぱりいい映画でした。

 This movie, which is produced in 1997, was the one that made Matt Damon famous and based on his own script. It is not available on Amazon Prime for free, but you can see it at about 200 yen. I saw it after a long interval. I was glad to find Lambeau referring to Ramanujan Ramanujan, who I mentioned the other day, when he talks about Will’s talent. At the credit roll, I imagined about Will’s future hearing “Afternoon Delight”. I deepened my impression that this is surely a great movie.