Turkeyriceの勝手に英訳ブログ Turkeyrice's Blog Written in Both Japanese and English

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。Talking About Music, Films, Books, TV programs, and Some Things in Nagasaki

Books I read at a stretch: 一気に読んだ本 「アーティフィシャル・フラワーズ」高岡ヨシ著

 

アーティフィシャル・フラワーズ

アーティフィシャル・フラワーズ

 

  小さいけれどあたたかい灯が心の中にともるような,そんな気持ちになりました。

 以前紹介した,高岡ヨシさんの「歩けばいい」は,冴えない2人の若者が陥っている閉塞的な,救いのない状況を描きつつ,かすかだけど確かな希望を読者に感じさせる本でした。

 I felt my heart was warmed by reading this book.

 Takaoka Yoshi’s another book titled “Arukeba Ii”, which I mentioned before, was a work that depicts two young guys who are very awkward and being in a difficult, unescapable situation, but even so, you can feel a faint but certain ray of hope when you read it through.

 今回の作品は,2つの短編からなっています。表題作の「アーティフィシャル・フラワーズ」は思わず主人公を応援したくなる,すてきなラブ・ストーリーです。

 小さな工務店で設計をしているシンジは,ある花屋の店員,タナベさんに恋をしています。花屋と言っても,そこで扱っているのは造花ばかり。恋愛に対して不器用なシンジは,自分の思いを伝える術もなく,ただタナベさんの笑顔を見たいがためにこの花屋に通い,アパートの部屋は造花だらけになっているのでした。そんなシンジに業を煮やした工務店の仲間,チャーさんとワタル君はある作戦を立てて,シンジをけしかけるのでしたが……。

 The book I read this time contains two short stories. The title piece “Artificial Flowers” is an adorable love story that makes you feel like cheering the main character in spite of yourself.

 Shinji who designs houses at a small construction firm has a crush on a flower shop clerk named Tanabe. The flowers which are sold at the shop are all artificial ones. Shinji has little experience in love so he doesn’t know how to tell her his feeling toward her and he goes to the shop so often only to see her smiling at him, and now his room is full of artificial flowers. Char and Wataru who are Shinji’s coworkers plan a strategy and try to egg Shinji on it.

 シンジにも,タナベさんにも,恋愛に踏み出せない過去や背景があり,この恋は一筋縄では成就しそうにありません。だからこそ,奥手なシンジを応援したい気持ちが読む者の中に高まっていきます。余談ですが,2人の会話の中に,キリンジの楽曲についてのやり取りがあります。自分も好きなので嬉しくなりました。

 Both Shinji and Tanabe have some memories and backgrounds that make them hesitate to go out with someone, so it seems not easy that their love comes to fruition. That’s why readers feel an urge more and more to back up Shinji who is very shy. I may add that they mention KIRINJI’s songs in their conversation. I was somehow glad when I read that part because I like them, too.


キリンジ スウィートソウル PV

 もう一つの作品は「六千百七十二本の物語」です。この作品の主人公は,中学生の男の子です。運動が苦手な彼ですが,あることをどうしても達成したくて毎晩,体育館に忍び込みます。とっても短いお話ですが,やっぱり主人公を応援したくなる,すてきなお話でした。

 The other story is “6172 Hon no Monogatari”.  The main character is a junior high school boy. He is not good at sports, but he sneaks into gymnasium every night to achieve something. It is a really short story and good enough to makes you feel like cheering him. 

turkeyrice.hateblo.jp