turkeyriceのブログ

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。

I saw a good movie: いい映画を観ました「Chef(シェフ)三ツ星フードトラック始めました」

 アマゾン・プライムでよい映画に出会いました。「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(2014年)というアメリカ映画です。正直,タイトルには惹かれなかったのですが,288件のレビューがある中で,星の数4.6という高評価を得ているのを信じて視聴してみました。

 I saw a good movie on Amazon Prime Video and it was an American movie titled “Chef” released in 2014. Frankly, I wasn’t attracted by the title at all but I found it got 4.6 stars and 288 reviews, so I believed it.


映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』特別映像

 とっても面白い映画でした。テンポがよくて,笑えて,ほろりとして,ずっとワクワクし通しでした。

 主人公カール・キャスパーはカリフォルニアにあるレストランの総料理長です。ある日のこと,ブログやツイッターにたくさんのフォロワーをもつ大物料理評論家,ラムジーが来店します。腕を振るおうと張り切るカールでしたが,保守的なオーナーは創作料理を許さず,結果的にラムジーに酷評されてしまうのでした。やり場のない怒りをツイッターラムジーにぶつけてしまうカールは当然,炎上の憂き目にあい,店をやめるはめになってしまいます。次の勤め先も見つからず,失意のままのカールに対し,元妻のイネズが一つの提案をしました。彼女は故郷であるマイアミに一時帰郷する予定でしたが,彼らの息子パーシーも行くので,カールも一緒に来て,パーシーの面倒を見てくれないかと言うのでした。マイアミに来たカールは,そこで食べた出来立てのキューバサンドイッチの美味しさに喜び,フードトラックでの移動販売を思いつきます。ボロボロの中古フードトラックを手に入れたカールは,元同僚のマーティン,そして息子のパーシーを連れて,ロサンゼルスを目指して移動販売を始めるのですが……。

 It was a really exciting movie. it was fast-paced, sometimes made me laugh and sometimes made me cry, and kept me excited.

  Carl Casper, the main character is the head chef of a restaurant in California. One day, Ramsey Michela, a prestigious food critic who has many followers on twitter and also on his own blog, visits his restaurant. Carl is pleased to have a chance to show his skills to Ramsey, but the conservative restaurant owner Riva doesn’t let him make original dishes, so eventually Ramsey ends up harshly criticized. To give vent to his anger, carl abuses Ramsey on twitter so he gets naturally flamed and finally quits the restaurant. His ex-wife Inez gives him a suggestion when she finds him being not able to find a new job and very disappointed. She asks him to go to Miami where she is from because she has some business there so she is going to take their son Percy and she wants Carl to take care of him. Carl goes to Miami and is impressed by the deliciousness of hot Cuban sandwiches when he has it so he comes up with an idea of selling it on a van. He gets a rattletrap used food van and he starts to sell Cuban sandwiches on it with Martin, his ex-colleague, and Percy deciding Los Angeles as a goal.  

 この映画のテンポのよさは特筆に値します。あのテンポで見せられると,つまらないものでも面白くなりそうです。主演のジョン・ファヴローはなんと監督,脚本,制作の全てをこなしています。彼が見せるシェフとしての手際のよさ,コミュニケーションにおける如才のなさ,そして,息子パーシーに対する不器用ながらも温かい父親の顔のどれもが魅力的でした。そして,パーシーの可愛さときたら,それだけでも観る価値があると思ってしまうほどです。

 The rapid development in the plot is something special. That rapidness seems to make everything exciting even if it is actually something dull. The main actor John Favreau was also the director, writer, and producer of this movie. His agility as a chef, and his wit in conversation, and the tenderness, showing a bit awkwardly to his son, as a father were all attractive. The best part of the movie is, in my opinion, the adorableness of Percy and this could be the main reason to see this movie.

 締めくくりに,もう一つ素敵なエピソードが描かれます。最後まで笑顔をくれる,素敵な映画でした。お正月に見るのにぴったりだと思います。

  At the ending, you can see another delightful episode. It was a good movie that keeps making you smile until the last minute. I guess this movie is a suitable one to see during the New Year holidays.