turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

Songs cover version but really good: カバーだけどいい曲 Suss von Ahn(スス・フォン・アーン) “For Once in My Life”

 スティーヴィー・ワンダーの数ある名曲の中で,なぜか「フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ」が一番好きです。キャッチーで歌詞が切なくて,モータウン全盛期の無邪気な明るさが伝わってきます。原曲がこれだけいいと,カバーなどただの二番煎じで聴く気にならないはずです。しかし,スス・フォン・アーンによるこの曲のカバーを聴いたときは衝撃を受けました。

 For some reason, the song I love most among Stevie Wonder’s many great songs is “For once in my life”. It’s really catchy and the words are a bit wistful, and it also makes you feel the innocent, cheerful mood of Motown in its golden age. The original version is so good that you don’t feel like listening to cover version because there won’t be nothing new in it. However, I was amazed when I heard the cover version of this song by Suss von Ahn.


Suss Von Ahn - For Once In My Life

 女性が歌っていること,ジャズであること,などのギャップがかえっていいのかもしれません。とってもクリアーでオシャレな響きのする彼女の「フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ」ですが,原曲の持つ温かみはそのままで,とっても心に沁みてきます。なぜだか,秋にピッタリの曲です。

 スス・フォン・アーンはスウェーデンのジャズシンガーです。90年代のスウェディッシュ・ポップ以外にも,親しみのもてる音楽があると知って勝手にワクワクしました。

 Some aspects different from the original version, for example, it is sung by a woman, or it is of a jazz version, could be the reason why it is so good. Her version of “For once in my life” sounds so clear and cool but it also has the same warmth as the original one so it really touches. I somehow feel this song goes well with autumn.

 Suss von Ahn is a Swedish jazz singer. I was excited when I knew that there were good Swedish pieces of music in addition to Swedish pop music which was so popular in the 90’s. 

ペーパー・ムーン

ペーパー・ムーン

 

 
Stevie Wonder - For Once In My Life