Turkeyriceの勝手に英訳ブログ Turkeyrice's Blog Written in Both Japanese and English

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。Talking About Music, Films, Books, TV programs, and Some Things in Nagasaki

Songs cover version but really good: カバーだけどいい曲 The Electric Indian "My Cherie Amour(マイ・シェリー・アモール)"

 初めて買ったスティーヴィー・ワンダーのアルバムは「インナーヴィジョンズ」でした。1973年のこのアルバムはとてもクールで洗練されていて,やや内省的なアルバムに思えます。スティーヴィー・ワンダーらしさはこの70年代に確立されるのでしょうが,単純な自分は,先日このブログでふれた「For once in my life」や,「My Cherie Amour」など,60年代の素朴な音にむしろ惹かれたりします。

 It was “Innervisions” that I bought for the first time as Stevie wonder’s album. This album was produced in 1973, and was really cool and sophisticated but a bit introspective, I think. Maybe the characteristic of Stevie’s sound must have been fixed in the 70’s, but I’m so simple-minded that I’d rather his unsophisticated sound in the 60’s like “For once in my life”, which I mentioned the other day, or “My Cherie Amour” and so on.


Stevie Wonder - My Cherie Amour (1969)

 69年発売の「My Cherie Amour」もジャクソン5スモーキー・ロビンソンなど,モータウンの身内をはじめ,多くのアーチストからカバーされています。そんな中でちょっと異色なのがエレクトリック・インディアンズというバンドによる,インストゥルメンタルの作品です。このカバー曲を初めて聞いたのは,90年代の素晴らしいコンピレーション・シリーズ,「フリー・ソウル」の一枚,「Moon」ででした。あんまりインストナンバーには興味がないのですが,この曲だけはなぜか今でもかかるとワクワクします。

 “My Cherie Amour” was released in 1969, and this song has also been covered by so many artists like The Jackson 5, Smokey Robinson, who were from the same record company Motown, and so on. There is one version among them I feel it a bit eccentric and it is an instrumental by a band named Electric Indians. I heard this cover version for the first time contained in a compilation album titled “Moon”, which is one of the great compilation series in the 90s called “Free Soul”. Actually, I’m not so interested in instrumental numbers, but I feel so happy when I hear this tune even now.


Electric Indian - My Cherie Amour.wmv

 

My Cherie Amour

My Cherie Amour

 

  

My Cherie Amour

My Cherie Amour