turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

Looking B-grade but actually good movies : B級ぽいのによい映画 「宇宙人ポール」

 

宇宙人ポール [DVD]

宇宙人ポール [DVD]

 

  宇宙人が出てくる映画というだけで身構える人は多いでしょう。「エイリアン」や「E.T.」といった名作はあるものの,この手の映画はそれ以上に駄作率が高いと感じるのは気のせいでしょうか。映画を見るという行為は,2時間程度を要するものなので,観終わって駄作と思い知らされたときのダメージはなかなかのものです。駄作の恐れがある場合には,いつでも中断してみせると意気込んでみるものの,なかなかふんぎりがつかずにエンドロールで失意の悔し涙というパターンを繰り返しています。しかし,見るからにB級ぽいのに,観てよかったと満足感をもって視聴を終えられる,そんな不思議な作品に出会うこともあります。

 I guess some people tend to be skeptical about movies featuring creatures from outer space. I know there are some masterpieces such as “Alien”, “E.T.” and so on, but I have an image that this kind of movies could be mostly poor ones. It generally takes about two hours to see a movie so the damage is so huge if you realize the movie you saw was a poor one after seeing it. I always make a point of trying to quit watching a movie anytime but actually I can’t do that every time to end up in tears depressed at credit rolls. However, sometimes I encounter some wonderful pieces that looks B-grade but actually so good that I can finish watching it with a great satisfaction.

 アマゾンのプライムビデオで「宇宙人ポール」という作品を見かけたとき,典型的なB級では,と怪しみながらも恐る恐る視聴してみました。オタクな白人二人が,サンディエゴで開催されるオタクの祭典「コミコン」に参加するために車を走らせています。2人は,立ち寄ったドライブインで酔っ払いとトラブルになり,逃げる途中で一台の車がクラッシュするのを目撃してしまいます。乗員を助けようと駆け寄った二人の前に現れたのは,なんと宇宙人でした。ポールと名乗るその宇宙人が自分の星に帰りたがっていることを知った二人はその宇宙人を助けようとするのですが……。エンドロールを迎えたとき,もしかしたら「E.T.」超えでは,と途方もない感想を持ちました。B級感は最後までつきまとうものの,二人のオタクぶりと宇宙人ポールのキャラクターが実に好ましく,可笑しみにあふれていて,何度もクスクス笑いました。しかも,最後にとてもワクワクするサプライズが準備されていました。

 B級ぽいのに面白い,これからもそんな作品に出会えたらうれしいです。

 When I happened to see a title of a movie, “Paul”, on the list of Amazon Prime Video, I gave it a try timidly wondering whether it was a typical B-grade one or not. Two geeks who are on their way to a big event called “Comic Con” in San Diego get into trouble with rednecks in a roadside diner, then they run away to end up witnessing a car crash. They run up to the car to save someone in it to find, much to their surprise, an extraterrestrial in front of them. They come to know that the extraterrestrial who gave his name as Paul wants to go back to his own planet so they try to support him then……. I had a wild impression that the movie might be better than “E.T.” when I came to a credit roll. The feeling of B-grade lasts till the ending but the description of what geeks the two men are like and the characterizing of Paul are so likable and humorous that I giggled many times. On top of that, you will see a big surprise at the very ending.

 I’d be happy if I could encounter some movies that looked B-grade but actually enjoyable.