turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

Good tunes I can’t get enough of : 何度聴いても飽きない曲 ジューシィ・フルーツ「雨あがり秘密ふたつの並木道」

 

パジャマ・デート

パジャマ・デート

 

  ジューシィ・フルーツといえば「ジェニーはご機嫌ななめ」が浮かぶ人は多いでしょう。Perfumeやくしまるえつこ他,様々なアーチストにカバーされてきたこの曲ですが,自分にとっては,なぜかもっともジューシィらしくない曲です。楽曲としてのメリハリのなさや,他の曲ではあまりやってないイリヤの裏声のせいでしょうか。何で売れたのか,何でこんなにカバーされるのか腑に落ちません。この曲によってジューシィ・フルーツに何かしらB級なイメージが固定化されているのではないかと,勝手に残念に思ってもいます。彼らの素晴らしさは一枚一枚のアルバムの統一感と同時に,アルバムを超えて感じられる独特な可笑しみにあるように思います。やや勝気な女性ボーカルと常に負け気味な男どものコーラスという組み合わせは,ファーストアルバムからサードアルバムまで一貫しており,今でも聴く者を笑顔にする魅力を保っています。

  When you hear the name of a band, Juicy Fruits, I guess a song that comes in to your mind first is “Jenny wa Gokigen Naname”. I know this song has been covered by many artists such as Perfume, Yakushimaru Etsuko, and so on, but this song is something most unlike them for me. It doesn’t make sense for me that this song which is so monotonous, and sung with the weird falsetto voice of the vocalist, Ilia, who doesn’t sing that way in any other songs, has been so popular or covered by so many artists. I am sorry that this song may have ever fixed somewhat B-grade image of them in people’s mind. I think the band’s good points can be seen, for example, in a sense of unity shown in each album, and also in the unique humor shown in all albums. The combination of rather spirited female vocalist and the always weak male choir is seen so consistently in each album, from first one to third, that they make the listeners smile with great fascination.     

 自分にとって特に秀逸なのはサードアルバムです。一曲として駄作はないのですが,アルバムの最後を飾る「雨あがり秘密ふたつの並木道」という曲は,40年近く経った今でも新鮮に,そして懐かしく響きます。メルヘンチックなかわいいタイトルに負けない素敵な歌詞と潤いに満ちたメロディー,他のバンドでは聴けない素晴らしいベースラインなど,愛おしい要素があふれています。梅雨が始まったばかりの今の季節にはぴったりの曲です。

 ボーカルによる出だし,

 「雨あがりのにおい 次の角曲がれば 近道なの 夕暮れの秘密」

 「水たまりに映る それはいつの日にも なつかしくて こわれちゃいそうな 恋のかけら」

 男声コーラスが続きます,

 「ちらほら街灯り 冷えたカクテルを 口づけのかわりに」

 ボーカルが応えます。

 「そうよ 急がないで ほしい」

 他の曲では,やたらと迫りたがる男子をやんわりといなす女子のパターンが多いのですが,この曲では男子も女子も落ち着いた大人の雰囲気を見せています。

 ジューシィ・フルーツは2013年に再結成しているようです。いつかコンサートに行って,この曲が聴けたら嬉しいです。

 The most excellent album for me is the third one. I can’t find any poor piece and the last song titled “A tree-lined street with two secret after raining” sounds so fresh and nostalgic even now after almost forty years have passed. The fantastic lyrics which are as attractive as the fairy-tale-like, cute title and the refreshing mellow melody, the distinguish bass line, all these things are the elements lovable. It is suitable for this season when the rainy season has just started to listen to this song.  

 At the beginning Ilia sings,

 “The fragrance I smell after raining, I know it’s a short cut if I turn left at the next corner, but it’s a secret.”

“The reflections on rain puddles, I know they are pieces of love which are always nostalgic and fragile.”

Then the male choir follows,

 “The twinkling lights of the city, why don’t we have a cocktail instead of a kiss?”

 Ilia replies,

 “I guess so. I want you not to hurry.”

 In other songs, you often see a situation where a boy tries to persistently make love to a girl who turns him down gently, but in this song, either of a boy and a girl shows an attitude like a cool grown-up.

 It seems that Juicy Fruits has been reformed since 2013. If I can go to their concert, I hope I can listen to this song there sometime in the future.