turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

Funny but good songs : 可笑しいけどなんかいい曲 ヤバイTシャツ屋さん : 「ざつにどうぶつしょうかい」

 昔のシングルレコードのB面の曲の中には,A面に負けない名曲もみられました。すぐに思い浮かぶのは,松田聖子さんの「制服」(A面は「赤いスイートピー」)や「Sweet Memories」(A面は「ガラスの林檎」)です。自分にとってはA面以上にすばらしい曲でした。

 前回,ヤバイTシャツ屋さんのニューシングル「げんきいっぱい」についてふれました。その一曲目,「鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック 」はもちろんすばらしく,昔のシングルレコードでいうA面にあたる曲だと思います。しかし,このシングルに収録されている3曲目,「ざつにどうぶつしょうかい」というふざけたタイトルの曲を聴いて衝撃を受けました。

 There used to be good songs on the B side of old single record. Some songs that come up in my mind are such as “Seifuku” (the A side was “Akai sweet pea”) or “Sweet Memories” (the A side was “Garasu no Ringo”) both by Matsuda Seiko.

 I mentioned a new single “Genki Ippai” by Yabai T shirts Ya San last time. The first song titled “Oni POP Geki Catchy Saikyo Hyper Ultra Music” was really good so I guess it deserves to be regarded as a song on the A side if it were on an old single record. However, I was amazed when I listened to the third song on the single, it was titled “Zatsu ni Doubutsu Shoukai”. 


【全曲トレーラー】ヤバイTシャツ屋さん 6th single「げんきいっぱい」

 まず,「キリン 首ながい / ゾウ 鼻ながい」などごく当たり前のことをくせになるリズムで繰り返し,サビでは「ざつざつざつざつ ざつにどうぶつ 紹介 しょうかい ざつに紹介」と高らかに歌いあげます。一通り動物が紹介された後には,海の生き物について「カニ おいしい / タコ おいしい」などともはや食材としての感想が述べられ,ワクワク感が一層高揚したところで,ヒトについての哲学的な言及があり,サビを繰り返して曲は終わります。地球に来たことのない異星人にしか有用でないレベルの情報を歌うこの曲に,こんなに喜びを感じるのはなぜでしょう。羅列の気持ちよさとしてはジッタリン・ジンの「プレゼント」が思い浮かびます。いい曲に出会えて幸せです。

 At the beginning they sing rhythmically like “A giraffe has a long neck / An elephant has a long nose”, those lyrics sung here are quite obvious facts, then, at the catchy part, they sing out loud like “introducing, introducing, roughly about animals, introducing, introducing, roughly about animals”. After animals’ part they sing about sea creatures like “a crab tastes good / an octopus tastes good”, that part sounds like just impressions about ingredients, I’d say it’s not about creatures, and that all the more makes me thrilled, then they mention human beings even in a philosophical way, after that they repeat catchy part and finally finish the song. I’m wondering why the lyrics that tell information which is useful only for Aliens who has never been to the earth makes me so delighted. This song somehow reminds me of a song titled “Presents” by JITTERIN'JINN maybe because it also has lyrics that only enumerate name of things. I feel happy now because I could meet such a good song.