turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

My impressions of books:「嘘を愛する女」岡部えつ著

 

嘘を愛する女 (徳間文庫)

嘘を愛する女 (徳間文庫)

 

  「嘘を愛する女」という本を読みました。とても面白かったです。主人公は由加利という三十路を目前にした女性です。ある日,彼女の恋人桔平が路上で倒れ,昏睡状態になったのをきっかけに,桔平の職業,聞いていた生い立ち,名前すらも嘘であったことが明かされていきます。彼はなぜ,嘘を付いていたのか,私立探偵の力を借りながら由加利は真実を追求していきます。その過程が大変上手く描かれており,結末についても十分に腑に落ちるもので,たいへんよい読後感を持って読み終えました。

 I’ve finished reading a book titled “A woman who loves a lie”. It was really interesting. The main character is a woman named Yukari who is just before turning thirty. One day, her boyfriend named Kippei falls on the sidewalk to go to a coma, then everything she heard from him like his job, his background, and even his name, turn out to be lies. Yukari tries to get at the truth with the help of a private eye. The process of her pursuit is described well and the ending does make sense for me so I finished reading it with great satisfaction. 

 岡部えつさんという作家さんの作品にふれたのは初めてでした。巻末の著者紹介を見ると,TVドラマ「残花繚乱」の作家さんとありました。とてもどろどろとした中にも心惹かれるところのある,わりと好みのドラマだったので,やはり力量のある作家さんなのだな,と思いました。1964年生まれということなので,まだまだこれからたくさんの作品を楽しませてくれそうです。ちなみにこの「嘘を愛する女」は映画のために書き下ろしたもののようです。

 It was my first time to read a piece of work of Okabe Etsu, the author of this book. Information about the author says one of her novel titled “Zanka Ryouran” was dramatized for a TV program. I remember I liked the drama, which was in a melodramatic style but somewhat fascinating, so I guess she is a writer with great skills. She was born in 1964 so maybe you can read many books of her in the future. By the way, this novel “A woman who loves a lie”was written as a scenario for the movie.