turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

Good tunes I'm into now : ましのみ「プチョヘンザしちゃだめ」

 

プチョヘンザしちゃだめ

プチョヘンザしちゃだめ

 

  最近,衝撃を受けた曲の一つが,ましのみさんの「プチョヘンザしちゃだめ」でした。先日このブログでふれたフォークシンガー,平賀さち枝さんとは対極のような曲です。初めて聞いたときは,キャリーぱみゅぱみゅさんやパフュームなどの中田ヤスタカ系の歌い手さんかと思いましたが,調べてみて,めちゃくちゃ個性的なシンガーソングライターとわかりました。歌詞の意味は正直あまりわかりませんが,曲の勢いとキャッチーなメロディーにものすごい才能を感じます。

 One of the songs I felt amazed when I heard recently for the first time was

“Put your hands up sicha dame ”by Masinomi. Her songs are perfectly at the opposite end of the spectrum from Hiraga Sachie’s, which I mentioned in this blog before. My first impression of this song was that it sounded like a kind of  tunes of singers like Carey Pamyupamyu or Perfume who are produced by Nakata Yasutaka, but I checked and found that she was an extremely unique singer-songwriter. Honestly, I can’t understand the meanings of the lyrics, but I can feel her awesome talent for music from the momentum of the song and its catchy melody.

 

 ましのみさんは,まだ21歳の大学生だそうです。2月に出たデビューアルバムのどの曲もよさそうですが,やはりこの「プチョヘンザしちゃだめ」が一番印象的です。テクノとか歌謡曲かそんなジャンル分けなど本当に無意味な時代だと感じさせられます。今の若い人たちの音楽への姿勢は本当に自由で素晴らしいと思います。

 Masinomi seems to be still a twenty first years old university student. Each song in her debut album released in February sounds good but I feel “Put your hands up sicha dame ”is the best for me. I think young people’s attitude toward music is really free and good.


【ましのみ】プチョヘンザしちゃだめ(Short.Ver)【MV】

 

プチョヘンザしちゃだめ

プチョヘンザしちゃだめ