turkeyriceのブログ

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。

Talking about my favorite movies: 好きな映画「激突」

 スピルバーグの初監督映画作品は,「アンブリン」(1968年公開)というわずか26分のショートフィルムです。観たことはないのですが,ヒッピーのカップルを描いた恋愛映画のようです。なんと台詞は一切なく,映像や音楽を効果的に駆使した作品とのことです。この作品名は,後に彼が立ち上げる会社の社名として使われています。

 The first movie that Spielberg directed was “Amblin’”, released in 1968, and it was a really short one which took only 26 minutes to show. I’ve never seen it but it seems like a love story about a hippie couple. There is, believe it or not, no spoken dialogue in it, but it uses freely visual and audio effects. Afterword the title of this movie became the name of a company that Spielberg established.

  その後,1971年のテレビ映画「激突」でスピルバーグは,いよいよ監督としての実力を認められます。この「激突」は,日本では映画として1973年に公開されたようです。

  物語はとてもシンプルです。デニス・ウィーバー演じるセールスマン,デイヴィッドが,ハイウェイで一台の大型トレーラーを追い越します。たったそれだけのことで,デイヴィッドはその大型トレーラーに執拗に追跡され,煽られ,命の危険にさらされ続けるのでした。

  After that, Spielberg was finally recognized as a talented director with a TV thriller film titled “Duel” in 1971. This “Duel” was released as a theater movie in Japan in 1973.

The plot is really simple. A salesman named David played by Dennis Weaver passes a tanker truck on the highway. However, just because of this act, he continues to be pursued, threatened, and his life is incessantly put at risk.   

  初めて見たときは衝撃を受けました。今でいう煽り運転の中でも最悪のケースです。明らかに命を狙ってのことですから,その恐ろしさはハンパなく,もはや笑ってしまうほどでした。その描き方は,ジョーズにつながるものがあると思います。

  I was amazed when I saw this movie for the first time. It must be the worst case of, so to speak now, reckless driving. It was an obvious action trying to take somebody’s life, so the fear caused there was something so awful that I ended up laughing at some parts. The way of describing things seen in this movie, I believe, would have led to “Jaws”. 

 

激突! (字幕版)

激突! (字幕版)