turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

Songs cover version but really good: カバーだけどいい曲 Latimore「ジョリー」

 以前の記事の中でフリーソウルコンピレーションに少しだけふれました。その中の一つ,「Vibes」には「ジョリー」という曲が収められています。心のざわつくイントロから一発で癖になるホーンのフレーズに続き,ソウルフルな男性ボーカルがエモーショナルに歌い上げます。歌手はラティモアとなっていますが,元ネタはアル・クーパーです。

 I mentioned a compilation series called “Free Soul” before. A song titled “Jolie” is contained in an album “Vibes”. The introduction is somewhat stirring your mind and soon it is followed by a really catchy phrase played by brass section, then a soulful male vocalist begins to sing emotionally. The singer is Latimore, but the original song was sung by Al Kooper.


Latimore - Jolie

 アル・クーパーというと,ソウルというより,ブルースというイメージを勝手にもっています。自身はハモンドオルガンを弾きながら,様々なブルースギタリストとセッションを行っています。カバーバージョンにおいてホーンが奏でるフレーズも,元ネタではアル・クーパーハモンドオルガンで奏でています。原曲はとても落ち着いた,どちらかと言えばクールなイメージがありますが,ラティモアのカバーは,泥臭いほどにエモーショナルで,隙あらばジョリージョリーとしつこく口走るのに可笑しみまで感じてしまいます。何度聴いても不思議と飽きない曲の一つです。

 I have an image that Al Kooper is a blues singer rather than a soul singer. He played Hammond organ and worked together with many guitarist. Al Kooper played the phrase, which was played by brass section in the cover version, with the Hammond organ. The original version has a cool, subdued atmosphere for me, but the cover version by Latimore is so emotional that I feel it’s almost unrefined and he persistently repeat “Jolie, Jolie” so many times that it somehow makes me smile. It’s a song that I can’t get enough of.


Al Kooper-Jolie

 

フリー・ソウル・ヴァイブズ

フリー・ソウル・ヴァイブズ

  • アーティスト: オムニバス,リトル・ビーバー,エディ・パルミエリ,エドガー・ブロートン・バンド,ブルー・スウェード,スカイライト,シルバーズ,C.M.ロード,ラティモア,ナンシー・ウィルソン,ファズ
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1996/08/07
  • メディア: CD
  • クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (14件) を見る
 

 

赤心の歌

赤心の歌