turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

Good spirits in my favorite bar: 美味しいお酒 「キャプテン・モルガン・プライベートストック ”Captain Morgan Private Stock”」

 ラムをベースとしたカクテル,「バカルディ」について先日の記事でふれました。仏蘭西屋でこのカクテルの話をしていた時に,「そのまま飲んでおいしかラムもあるとよ」と言いながらマスターが一本のボトルを取り出しました。「キャプテン・モルガン・プライベート・ストック」です。

 I mentioned a rum cocktail called “Bacardi” the other day. When we talked about this cocktail the bartender took out a bottle saying “There are some kind of rums you can drink straight”. That was “Captain Morgan Private Stock”.

f:id:turkeyrice:20180923101731j:plain

 座りのいいずんぐりとした瓶に収まっている液体は,バカルディで使用するホワイトラムと違い,見るからに美味そうな琥珀色です。マスターの話では,バニラやシナモンですでに香りづけされていて,そのまま飲むのがいいとのことでした。

 The liquid in a squat bottle is, unlike white rum used in Bacardi, tasty looking amber color. According to what the bartender said, it is already flavored with vanilla, cinnamon and some others so you should have it added nothing.

 キャプテン・モルガンという名前を聞いただけで,実は少しワクワクしてしまいました。大好きな007シリーズの「死ぬのは奴らだ」の中で,海賊「血まみれモーガン」としてその名前が出てくるからです。 

 Actually, I was a bit excited only by the name Captain Morgan. Because I’ve already known the name through reading “Live and Let Die ”, one of my favorite 007 book series, and the captain was mentioned as “Bloody Morgan” in it.  

 カリブ海を舞台としたこの作品でのジェームズ・ボンドの任務は,ミスター・ビッグと呼ばれるハーレム・ギャングのボスの資金源を断つことでした。ミスター・ビッグは実はソ連諜報部の手先であり,カリブ海の底に沈んでいる,難破した血まみれモーガンの船から引き揚げた金貨が,結局はモスクワの資金源になっているのでした。

 そんなことを思い出しながらロックで味わうこのラムは,とてもフルーティで,海賊の血なまぐささとは無縁の飲み物でした。

  In this story which takes place in the Caribbean, the mission of James Bond is to cut off a source of funds of a guy called Mr. Big, the boss of a gangster in Harlem. Actually, Mr. Big is an agent for the USSR and the gold coins which are taken from a Morgan’s wrecked ship on the bottom of the Caribbean eventually become a source of funds of Moscow.

 Thinking about those things, I enjoyed the rum on the rocks and it tasted very fruity so I felt the taste has nothing to do with any bloody piracy.

f:id:turkeyrice:20180923101837j:plain 

007 死ぬのは奴らだ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

007 死ぬのは奴らだ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 
Live and Let Die (James Bond 007)

Live and Let Die (James Bond 007)