turkeyriceのブログ

音楽,映画,本,テレビ,長崎のことを好き勝手に日本語プラス英語で書いています。

I can’t help mentioning the band again! :どうしてもまた言いたくて sumika ②

 先日ふれたバンド,sumikaのよさがとまりません。ファーストアルバムの「Familia」は,好みでない曲が1曲もありませんでした。自分にとってはありそうであんまりないことです。

 I can’t stop loving all the song of the band called sumika I mentioned in this blog the other day. There wasn’t even a single song that I don’t like in their 1st album “Familia”.  There should be many albums I love that way, but actually not that many.

 アルバム丸ごと1枚手放しで大好きだったものは,と尋ねられたとして,まず浮かぶのは,フリッパーズ・ギターの「ヘッド博士の世界塔」です。それから小沢健二さんの「Life」,椎名林檎さんの初期の3枚全て,宇多田ヒカルさんの「First Love」,それからパフュームの「GAME」でしょうか。自分にとって1曲もハズシなしというのはかなり久しぶりです。

 If someone asks me about albums that I love every song without exception in it, the first one which comes into my mind is “DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER” by Flipper's Guitar, then some other ones like, “Life” by Ozawa Kenji, Shiina Ringo’s three albums from the 1st to 3rd, “First Love” by Utada Hikaru, and “Game” by Perfume. It’s been a long time since I met an album I loved all the songs in it without exception.


sumika / フィクション【MUSIC VIDEO】

 4曲入り,E.P.の「Fiction」も聴いていますが,こちらもハズシなしです。アーティストに対して,○○っぽいというのは一番失礼なこととわかっているのですが,自分にとってはsumikaを聴いていると,なぜかいろんな歌手やバンドが浮かんできてしまいます。それは星野源さんだったり,バックナンバーだったり,ミスチルだったり,サザンだったり,あまつさえスカパラまで勝手に感じたりしています。それでいながらまぎれもないオリジナリティを感じさせるから,sumikaはすごいと思ってしまいます。

  I’m also listening to an E.P. “Fiction” which includes four songs, and this is perfect for me, too. I know it is humiliating for artists to be said that their songs sound like someone else, but when I listen to sumika I somehow feel some their songs sound like sometimes Back Number, sometimes Mr. Children, sometimes Southern All Stars, and sometimes even Tokyo Ska Paradise Orchestra. Even so, they definitely have genuine originality, I realize sumika is a really great band. 

Fiction e.p(通常盤)

Fiction e.p(通常盤)