turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

The unique events in Nagasaki : 長崎独自のイベント「長崎 みなと・ひと・まち 音楽祭2018」に行きました。

 日曜日にコンサートに行きました。「長崎 みなと・ひと・まち 音楽祭2018」と題したこのコンサートは,以前にも紹介した長崎居留地男声合唱団が中心となって,地元の他の合唱団などと協力し,読売交響楽団や数名のソリストを招いて長崎ブリックホールで開催したものです。

 I went to a concert last Sunday. The concert titled “Nagasaki Port / People / City Music Festival 2018” took place being organized by Nagasaki Foreign Settlement Male Choir which I mentioned in this blog before with the cooperation of other local choirs, inviting Yomiuri Nippon Symphony Orchestra and some Soloist at Nagasaki Brick Hall.

f:id:turkeyrice:20180710001712j:plain

 まず,多彩で豊富なプログラムに圧倒されました。構成は三部に分かれていて,第一部は読売交響楽団を主役としたもので,歌劇の序曲,ピアノ協奏曲,少年少女合唱団を加えたミュージカル曲が演奏されました。ピアニストは長崎で活躍されている寺谷陽子さんという方でした。第2部は5人のソリストが交代で歌曲を歌い,それぞれの素晴らしい声が楽しめました。第3部は合唱団を主役としたもので,歌劇やレクイエムを中心とした迫力のある演奏にひたりました

 First, I was overwhelmed by the varied and abundant program. The program consists of three parts. In the first part, Yomiuri Nippon Symphony Orchestra performed mainly playing an overture from an opera, a piano concerto, and some songs from “The Sound of Music” featuring a children’s choir. The pianist was a lady named Teratani Yoko who is active in Nagasaki. In the second part, five soloist sang songs from some operas in turn so I enjoyed each singer's fantastic voice. In the last part, choirs performed mainly so we could be absorbed in their powerful performance.

 特に心に残ったのは,第3部の「望郷の長崎」という曲です。この曲は長崎出身の小松真理さんが作曲したもので,もとは地元の放送局によるドキュメンタリーの挿入歌として製作されたそうです。この曲ではソリストとして,以前の記事でふれたことのある原さとみさんが,素晴らしい声を響かせていました。

 普段はあまりクラシックを聴かない自分でも,本当に楽しめたコンサートでした。長崎独自のイベントとして,毎年の定番になってほしいです。

 A song which stayed in my mind most was ““Boukyou no Nagasaki (Nagasaki where is a place being cherished in some foreigner’s mind as if it were their own home town)”.  This song which was composed by Komatsu Mari who is from Nagasaki was originally produced as an interval music for a documentary TV program aired on a local TV station. In this song, Hara Satomi who I mentioned in this blog before was the soloist and her singing reverberated through the hall.

 Actually, I don’t listen to classical music so much, but I really enjoyed this concert. I hope that this event could be regularly held every year as a unique event in Nagasaki.