turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

Did he produce this band?: 山下達郎さんプロデュース クールス・ロカビリークラブ「NEW YORK CITY, N.Y.」

 様々なアーティストをプロデュースしておられる山下達郎さんですが,中には意外なバンドにも関わっています。クールス・ロカビリークラブです。

 Yamashita Tatsuro has produced many artists and a few of them are quite unexpected. The one I bring up here is a band called Cools Rockabilly Club.

 兄も姉も,いとこも,いわゆる不良っぽい人たちに囲まれて育ちました。自分はなぜか全くそんなキャラではなかったので(ひよわでびびり),まわりでおこる騒動を面白がっていました。ただ音楽だけはすごい影響を受けました。小学生のときには,キャロルや当時の矢沢永吉さんの歌をほとんど口ずさめるようになっていました。中でも好きだったのが,クールスでした。舘ひろしさんがおられた頃の曲も好きでしたが,その後のクールス・ロカビリークラブの曲にお気に入りがたくさんありました。お風呂に入るときにもぼろぼろのカセットで曲をかけていました。

 彼らのアルバムの中でなんか雰囲気違うな,と思っていたアルバムがありました。「NEW YORK CITY, N.Y.」(1978)というアルバムでした。子ども心に洗練された音を感じました。このアルバムは,実際にニューヨークで録音されたそうです。

 My brother, sister and one of my cousins are kinds of delinquents when I was growing up. However, I was somehow not so, just a coward and chicken, but I was just amused with the disturbances that happened around me. Even so I was really influenced by them about my taste in music. I could hum most of the songs by CAROL or Yazawa Eikichi when I was an elementary school boy. The band I loved best of all them was Cools. I liked them when Tachi Hiroshi was the leader of it but I’d rather like their tunes after he left and they changed the name to Cools Rockabilly Club. I used to play their songs on an old radio cassette even when I took a bath.

 There was an album that had a different atmosphere among theirs. That was “NEW YORK CITY, N.Y” (1978). It sounded sophisticated even for a boy. This album was recorded in New York actually.


COOLS LOVE CHANCE ニューヨーク・シティー N.Y.

 このアルバムが山下達郎さんのプロデュースであることを知ったのは,もうクールスを聴かなくなって何年も経ってからでした。それまでどおり,作詞も作曲も,ジェームス藤木さんを中心としたメンバーで行っていますが,山下達郎さんはサウンド・クリエイティブ・プロデューサーとしてクレジットされています。実際には,メンバーより先にニューヨークに渡った山下達郎さんが,スタジオからミュージシャンの手配まで全て一人で行った模様。達郎さんのデビューアルバム「CIRCUS TOWN」(1976)はニューヨークとロスでレコーディングされているので,そのときの人脈が生かされたのだと思います。

 It was not until after so many years had passed since I didn’t listen to their music any more that I knew this album was produced by Yamashita Tatsuro. In this album, the songs and words were written by members, mainly by James Fujiki, as before, and Yamashita Tatsuro was credited as a sound creative producer. Actually he went to New York ahead of the members and arranged everything for them like the studio to use, the musicians to work with, and so on. His debut album “CIRCUS TOWN”(1976)was recorded in New York and Los Angeles so he could perhaps make use of his connections, I guess.

 意外な組み合わせのように思いますが,ドゥワップやソフトロックに造詣の深い山下達郎さんですから,オールディーズを中心とした演奏をしていたクールスの音とも重なるところはあるように思います。また,クールスで作曲をしていたジェームス藤木さんの才能を,達郎さんが高く買っていたという話もよく目にします。たしかにジェームス藤木さんの曲はとてもキャッチーで,もっと評価されていいように思います。

 何十年ぶりに聴きたくなって,アマゾンでアルバムを買いました。当時とは違う感覚で聴いても,やっぱりいいアルバムだと思いました。

 This combination might seem a little bit strange but Yamashita Tatsuro has a deep knowledge of doo-wop or soft rock, and Cools played mainly oldies so there could have been something they could share. I also often see articles that say Tatsuro thought highly of James Fujiki’s talent. I’m sure James Fujiki’s songs are really catchy so I think his works should be evaluated more highly.

 I wanted to listen to this album for the first time in many years so I bought it on Amazon. I listened to it from the different standpoints, but I found it really good as I had felt before.

 

NEW YORK CITY N.Y.

NEW YORK CITY N.Y.

 

 

CIRCUS TOWN (サーカス・タウン)

CIRCUS TOWN (サーカス・タウン)