turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

I read the original version: 原作読んじゃいました 「A Game of Thrones(七王国の玉座) 上・下巻」ジョージ・R・R・マーティン著

 一人の人間の想像力が,ここまで大きな世界を構築できるものなのでしょうか。創作された物語として,こんなに規模が大きく,しかも破綻を感じない作品は,自分にとって初めてのように思います。

 I’m wondering how a person’s imagination can establish this huge world. I feel it’s my first time to come across such a large-scale and consistent work like this as a created story.

 まず,TVドラマとしてハマったゲーム・オブ・スローンズですが,興味が尽きず,原作にも手を出してしまいました。上下2巻のこの本は,ドラマ版ではシーズン1にあたるお話です。まず感心したのは,ドラマがいかに原作に忠実に作られているかということでした。そして,ドラマではよく分からなかったことが改めて分かって理解が深まりました。それから,全くの虚構のくせに,史実を読んでいるような気にさせる作者の力量に感嘆してしまいました。

 I was into the TV drama“Game of thrones” first, but I couldn’t be satisfied enough with it, so I read the original books. The work in two volumes is the one which the 1st season of the TV drama is based on. First, I was impressed with how the drama was really true to the book. At the same time, I could understand what I hadn’t understood through the drama. Above all, I admired the author’s skills which made me feel as if I were reading a story based on historical fact even though it’s perfectly a fiction.   

七王国の玉座〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌1)

七王国の玉座〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌1)

 
七王国の玉座〔改訂新版〕 (下) (氷と炎の歌1)

七王国の玉座〔改訂新版〕 (下) (氷と炎の歌1)

 

 保守的な自分は,水滸伝レ・ミゼラブルといった古典の大作が大好きです。それらの作品は,ストーリーや登場人物については完全な創作とはいえ,物語の舞台や背景,時代といったものは実際に存在するものです。それに対して,土台から虚構であるこのファンタジーに,ここまでリアリティを感じるというのはどういうことでしょう。

 この作品の続きは「氷と炎の歌」シリーズとして書かれているので,まだまだ楽しめます。よい作品に出会えて大喜びしています。

 I’m rather conservative so I love monumental multivolume works like the Water Margin, Les Misérables and so on. As for those works, the story or characters are perfectly fictional but the settings or backgrounds are really existent. However, this fantasy is totally fictional, and yet I’m wondering why I have a feeling of reality about it.

 The rest of this story is written as a series of “A Song of Ice and Fire”, so I can still enjoy this fantasy.

 I’m really glad to have met this great work.   

王狼たちの戦旗〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌2)
 
王狼たちの戦旗〔改訂新版〕 (下) (氷と炎の歌2)