turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

My encounter with new generation JAZZ : 新世代JAZZとの出会い  KAMASI WASHINGTON(カマシ・ワシントン) “HEAVEN AND EARTH” 

 親友が送ってくれたアルバムに衝撃を受けました。カマシ・ワシントンの「HEAVEN AND EARTH」というアルバムです。帯には「新世代ジャズ黄金期の象徴」と書いてあります。

 I was amazed by an album my best friend sent to me. The album is “HEAVEN AND EARTH” by KAMASI WASHINGTON. The strip of paper around the cd jacket says “A symbol of new generation jazz”. 

Heaven and Earth

Heaven and Earth

 

  1曲目の「FISTS OF FURY」という曲をかけてすぐに,なぜか懐かしく感じました。確かに知っている曲だったからです。タイトルからわかるとおり,ブルース・リーカンフー映画「ドラゴン怒りの鉄拳」のテーマ曲です。生まれて初めて買ったレコードが「ドラゴンへの道」のサントラだったというほどの大ファンなだけに,この曲だけでひきこまれました。

 The first tune “FISTS OF FURY” somehow made me nostalgic as soon as I played it. I was sure I knew it. As you can guess from the title, it is the theme song of Bruce Lee’s kung fu movie “Fist of Fury”. I was a big fun of Bruce Lee and the album I bought for the first time in my life was a sound track album “The Way of the Dragon”, so I was immediately absorbed in the album just by this first tune.


Kamasi Washington - Fists of Fury

 新世代ジャズについての知識は皆無だったので,ネットで調べてみると,ヒップホップやR&Bと融合した現代のジャズらしいことがわかりました。サックス・プレーヤーであるカマシ・ワシントンは,このジャンルで特に注目されているようです。どの国でもこのジャンルで活躍するアーチストはたくさんいて,自分が知らないだけで,すでに大きな潮流ができていたのだと思い知らされました。日本のアーチストとしてSOIL&“PIMP”SESSIONS が挙げられていたのが興味深かったです。いつも新鮮な刺激を与えてくれる親友に感謝しています。

 I knew nothing about new generation jazz so I checked it out on the internet to know that it is a modern jazz as the result of the fusion of some kind of music like hip hop, R&B and so on. KAMASI WASHINGTON who is a saxophone player is the center of attention in this genre now. I found there are already many artists who belong to this genre in many country, so I realized there had already been the tide of the music world before I knew it. I felt it interesting when I saw “SOIL&“PIMP”SESSIONS” was categorized as a Japanese artist of this genre. I’m really grateful to the friend who always gives me fresh stimulation.


SOIL&"PIMP"SESSIONS - Connected feat. Nagaoka Ryosuke YouTube Ver.