turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

Good spirits in my favorite bar : 美味しいお酒 「ボウモア」

 行きつけのバー,仏蘭西屋のマスターは,時々本を貸してくださいます。その中の1冊に,「もし僕らのことばがウイスキーであったなら」という本がありました。著者は村上春樹さんです。小説ではなく,いわゆる紀行文ですが,スコットランドの東側にあるアイラ島ウイスキー醸造所,そしてアイルランドのパブを巡る中で出会ったお酒と人について,村上さんらしい簡潔な文章で書かれたものです。読んだら無性にウイスキーが飲みたくなります。

  The bartender of France Ya, where is my regular bar, sometimes lends me books. There was a book titled “What if our words are whiskey” among them. the author is Murakami Haruki. It is not a novel, but a travelogue about people or spirits he met during the travel from island Islay in Scotland where he visited some whiskey breweries, to Ireland where he visited many pubs. The book is written in quite simple but attractive style which is his characteristic way of writing. I bet you will badly feel like having some whiskey while reading the book.

f:id:turkeyrice:20180716163203j:plain

 アイラ島で作られるウイスキーは,大麦麦芽だけを原料とするいわゆるシングルモルトで,製造過程で燃料として使われるピート(泥炭)のために,独特の香りを個性としてもっています。その香りはヨード臭と呼ばれるもので,初めて飲んだ時は,うがい薬のイソジンとしか思えませんでした。でも,その癖のある匂いが,すっきりしたテイストとあいまった時に,実に美味い飲み物として,このウイスキーを演出するのが不思議です。

  The type of whiskey made in Islay is called single malt which is made of only barley, and it has characteristically a particular fragrance due to peat which is used as fuel in the manufacturing process. The fragrance is called iodine smell, so when I have the whiskey for the first time, I just thought it tasted like a mouthwash. It is a wonder that the very smell which is really particular one makes the whiskey fantastic and really tasty when it is combined with the clear taste.

 アイラウイスキーにはいくつか銘柄がありますが,初めて飲んだのは「ボウモア」というものでした。あんまりお酒に強くないくせに,今では行くたびにこのボウモアを注文してしまいます。他の銘柄としては,「アードベッグ」や「ラフロイグ」といったものがあります。

  There are some brands of Islay whiskey, and the first one I had was “Bow more”. Even though I can’t drink so much, I always order Bow more every time I go to the bar. For your information, you can enjoy other brands there such as “Ardbeg”, “Laphroaig” and so on. 

もし僕らのことばがウィスキーであったなら

もし僕らのことばがウィスキーであったなら