turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

A new album I’m into now : 椎名林檎トリビュートアルバム 「アダムとイヴの林檎」

 

アダムとイヴの林檎

アダムとイヴの林檎

 

  先日,あるブログの記事を夢中になって読みました。そこには椎名林檎さんへのトリビュートアルバム「アダムとイブの林檎」の感想が書いてありました。

 The other day, I was absorbed in reading an article in a blog. What is written there was a review of a tribute album to Shiina Ringo.

 アダムとイブの林檎と言えば禁断の実。食べないでいられるわけがありません。早速,アルバムを緊急購入して聴き入りました。

 Speaking of Adam and Eve, what comes into my mind is the forbidden fruit. I can’t help eating it. So I immediately bought the album to listen to it intently. 

 コンテンツは以下の通りです。

 The contents are as follows.

f:id:turkeyrice:20180607233814g:plain

 まず,参加アーチストの豪華さに目を奪われます。井上陽水さんまで参加されているのにびっくりしました(福岡つながり?)。アルバムのテーマを「世代を越える・ジャンルを越える・関係を越える」としているだけあって大御所からアイドルまで色とりどりです。

 選曲については,「無罪モラトリアム」から6曲も入っているのが嬉しく感じました。ファーストアルバムながら,その完成度の高さを物語っているようです。

 First, I was fascinated by the gorgeous lineup of the artists who joined this album. I was surprised to see even Inoue Yousui joining it. (Is that because he is from Fukuoka where Ringo is also from?) The theme of the album is “beyond generations, beyond genres, beyond relationships”, and various artists were chosen so well in line with the theme.

 About the selection of songs, I was so glad to find 6 tunes chosen from “Muzai Moratorium”, which is the first album of Ringo. The fact so many songs were chosen from this album, despite the first one, shows how good the album is.

 今の時点で特に印象に残っているのは,MIKAさんによる「シドと白昼夢」です。ボサノバのようなオシャレな音に仕上がっていて,原曲の持っているよさを違う形で取り出しています。MIKAさんを知らなかったのでネットで調べてみると,レバノン出身でロンドン在住のシンガーソングライターとの記述に衝撃を受けました。ミーカと呼ぶのが正解のようです。

 レキシの「幸福論」は,アルバム収録のものよりむしろシングルの原曲に近い感じがして,笑顔になりました。

  Now, the song which impresses me most is “Sid to Hakutyumu” sung by MIKA. The song was arranged fashionably like a kind of the bossa nova, and I think they successfully extracted the essence of the original song and showed it in a different way. I didn’t know about MIKA at all so I checked the singer online to end up being amazed by an article which said he is from Lebanon and now lives in London. The correct pronunciation seems to be “mi:ka”.

 “Kouhukuron” by Rekishi is rather similar to the original single song than the one in the first album, so it made me smile.

      

 原曲そのままの雰囲気の曲もありますが,全く異なる味付けになっている曲において,元ネタの素性の良さが顕著のように思います。椎名林檎さんの描くメロディーはどのように使っても大丈夫なほど,実はポップでキャッチーだと思い知らされます。

  Some songs have almost the same air as Ringo's originals, but the other ones with totally different arrangement seem to show clearly the excellent quality of the original songs. Now, I’m realizing that the melodies created by Ringo is actually so pop and catchy that they are all right no matter how they are arranged.