turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

I don’t know why I love this TV drama so much : 何でこんなに好きなのか「孤独のグルメ」

 「孤独のグルメ」シーズン7がいよいよ長崎でも始まっています。このドラマが大好きなのに,始まることを知らなくて,悔しいことに初回を見逃してしまいました。第1シーズンから第6シーズンまで,アマゾンのプライムビデオで,何度繰り返しこのドラマを観たかしれません。特別な事件もドラマチックな出来事もなく,ただ中年男が食べたいものを食べるこのドラマが,何でこんなに好きなのか,自分でもよくわからずにいます。

 The seventh season of “Kodoku no Gurume” has finally started here in Nagasaki. Even though this drama is my favorite, I missed, unfortunately, the first episode of it because I didn’t check about when it would start. I don’t know how many times I watched this drama repeatedely, from the first season to six, on Amazon prime video. I also don’t know why I love this drama in which a middle aged guy just eats what he wants to without any particular event or any dramatic occasion.


【孤独のグルメ】池袋の汁なし担々麺【シビれる辛さ!!】|Shirunashi Tantanmen Kodoku no Gurume

 去年の年の瀬に横浜の親友宅を訪れました。そのときにどうしてもやりたいことが一つ,胸の内にありました。それは,ドラマの主人公,五郎さんが食べたものを自分も食べるということでした。友達にそのことを話したところ,いくつか情報をくれました。それからようやく何を食べるかを決めました。池袋の中華料理店「楊」の「汁なし坦々麺」です。シーズン1のある回で,五郎さんが大汗をかきながらも嬉しそうに食べていたのを覚えています。

 注文してワクワクが止まりませんでした。最初の一口で,これはイケると思ったのも束の間,すぐにその辛さに衝撃を受けました。何とか食べ終えたものの,舌はほとんどしびれていました。それでも,やりたかったことの1つが達成できて大満足でした。次は何を食べようかと迷っているところです。

 I went to Yokohama at the end of last year to visit my best friend. There was one thing in my mind I wanted to do at that time, and it was to eat any dish Goro who is the main character of the drama ate in it. I told about my wishes to my friend and he gave some information about it. I then finally decided about the dish I was going to give a try. The dish was “Tantanmen without soup” served at a Chinese restaurant called “Yan” in Ikebukuro. I saw the dish in the first season of the drama, and I remember Goro ate it sweating profusely but happily.

I was really thrilled when I ordered it. At the first mouthful, I felt it’s OK, but then I was shocked by the spiciness of it. I managed to finish it but my tongue almost went numb. However, I was satisfied and felt happy because I could achieve a goal that I had aimed for, I’m wondering now about what dish I’m going to have next time.

 このドラマが好きな理由で一つはっきりしていることがあります。それは,音楽が素晴らしいことです。原作者の久住昌之さん自身がプレイヤーでもあるTHE SCREENTONESというバンドによるこのドラマのサントラCDがどうしても欲しくて買わずにいられませんでした。すべての楽曲が著作権フリーであることに衝撃を受けました。

 I know one reason why I love this drama. The reason is that  the music in this drama is really fantastic. I couldn’t help buying the sound track CD of this drama, the band that plays all the tunes in it is THE SCREENTONES which the author Kusumi Masayuki belongs to. I was amazed by the fact that none of their tunes is copyrighted. 

孤独のグルメO.S.T.

孤独のグルメO.S.T.