turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

Subdued but not boring movie 淡々としてるけど退屈じゃない映画:「日の名残り」

 

 今年のゴールデンウィークも特に予定はなく,読みたかった本や,観たかった映画を楽しむ時間が十分にありました。特に印象に残った映画は「日の名残り」でした。

 話の筋はシンプルで,スティーブンスという名の執事が,イギリスの荘園でケントンという女中頭の女性とともに働いていた日々を回想していくというものです。実らずに終わったこの2人の恋の話と簡単にまとめることもできます。こう言ってしまうと,退屈な話に思えますが,実際は違った感想を持ちました。

 I had nothing in particular to do for Golden Week this year, too. That means I had a plenty of time to enjoy some books or movies I had wanted to. There was a movie that particularly impressed me, and its title was “Remains of the Day”.

 The plot is quite simple. It is a reminiscence of a butler named Stevens about his old days when he worked with a housekeeper, Miss Kenton, in a country manor in England. I can simply put it that it is a story of fruitless love between them. I know you may think it must be a boring one, but actually it isn’t.

 この映画では一切センセーショナルな出来事はなく,アクションも,情事も,解決すべき謎もありません。しかし,何かしらゾクゾクさせるものが背景に感じられます。スティーブンスが振り返る時代は第2次世界大戦へと向かう数年間です。そこには,ナチスや秘密外交,仕えていた荘園主のダーリントン卿の没落といった悲劇の影をみることができます。

 俳優たちがとてもよくて,特にスティーブンスを演じたアンソニー・ホプキンスが素晴らしいと思いました。

 この映画の原作は長崎生まれの作家,カズオ・イシグロさんです。この原作もいつか読んでみたくなっています。

 You can’t see anything sensational in the movie, there is no action, no affairs, no mystery there. There is, however, something that makes me feel uneasy in the background of the story. The time Stevens looks back on is the years leading up to the Second World War. You can see some kinds of shadows of tragedy like the Nazis, secret diplomacy and the down fall of lord Darlington who Stevens served.

 The actors were really good, especially Anthony Hopkins who played Stevens did a great job.

 The book which the movie based on was written by Kazuo Ishiguro who was born in Nagasaki. I’d like to read the book sometime in the future, too. 

日の名残り

日の名残り

 

 

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)