turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

The expressions I feel funny : 映画「キック・アス2」より "He hit the men’s room"

 

  以前,このブログで感想を書いた映画「キック・アス」の続編,「キック・アス2」のビデオを観ました。前作から3年後に公開されたもので,主人公の若者たちがずいぶんと成長しているのに一瞬戸惑いを覚えました。結果的には,それぞれの魅力がより増していることが分かり,作品としても自分にとっては前作よりもさらに楽しめるものになっていました。何故か,批評サイトでは評価が低調だったようですが,アマゾンのプライムビデオの星の数があんまりあてにならないのと同じようなものだと思います。

 

 I saw a movie on video titled “Kick-Ass 2”, a sequel to “Kick-Ass” which I wrote my impression of in this blog before. It was released three years after the original so I was a little bit puzzled when I saw the young characters had quite grown up. I eventually found they had become more attractive than before, I then realized the movie itself had become something more enjoyable than the previous one. For some reason, the sequel is rated low on some movie review sites, but I think that rate is as doubtful as the number of the stars on Amazon’s prime video.

 主人公の高校生,デイブは普通の生活に飽き足らず,性懲りもなくまたヒーローのキック・アスに戻ることを目論見ます。そこで真のヒーローだったヒット・ガールのミンディに訓練を受け,また悪に立ち向かうのですが…。今回は味方としても組織的なヒーロー軍団が存在し,敵もより強力になっていて,恐ろしいほどの存在感を示す敵キャラが見られました。味方のヒーロー軍団のリーダー,スターズ・アンド・ストライプス大佐を演じるのは,ジム・キャリーというのをエンドロールで知って驚きました。主人公のデイブがものすごくたくましくなったこと,ヒット・ガールのミンディがとても魅力的な女性になっていることにもワクワクしました。

 この作品で心に残った英語表現は,“He hit the men’s room”でした。「あいつはトイレにいった」ということでしょうが,‘hit’という言葉がこんな使われ方をすることが面白いと思いました。よく目にする表現では,”hit the road ”がありますが,辞書で調べてみると,他にも以下のような表現がありました。

“hit the binders” 「ブレーキをふむ」

“hit the booze” 「酒を飲む」

“hit the hay”  「寝る」

 とてもカジュアルな,それだけに生き生きした表現ですね。

 The main character Dave who is a high school student is tired of his daily life and hasn’t learned his lesson so he decided to become again the hero called Kick-Ass. He then asked Mindy who is a real hero called Hit-Girl to train him so that he can take a heroic stand against evil…. This time there is an organized hero troop on the Kick-Ass side and the enemies are tougher than before, some of them are terrible villains with powerful characters. I was surprised when I saw the name of Jim Carrey as the leader of the hero troop, Colonel Stars and Stripes, on the credit roll. I was also excited because Dave, the main character, had become tougher very much than before, and Mindy, Hit Girl, had become really attractive.

 The English expression that stayed in my mind was “He hit the men’s room”. That means 「あいつはトイレにいった」 in Japanese. I felt interesting to find the word ‘hit’ being used this way. I often see the expression “hit the road”, but I also found other phrases like the following,

  “hit the binders” 「ブレーキをふむ」

  “hit the booze” 「酒を飲む」

  “hit the hay”  「寝る」

 I think these expressions are as lively as they are casual.

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A2-%E3%82%B9%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%90%E3%83%BC-%E5%90%B9%E6%9B%BF%E7%89%88-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BC-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3/dp/B075LZGFK8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1524049870&sr=8-1&keywords=%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B9%EF%BC%92