turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

My impression of a book:「トリツカレ男」いしいしんじ著

トリツカレ男 (新潮文庫)

トリツカレ男 (新潮文庫)

 

  NHKの”SONGS”で吉澤嘉代子さんが取り上げられた際,彼女の部屋の本棚が紹介されるシーンがありました。自分が知らない本ばかりでもどかしく思っていましたが,そのうちの数冊について友達が教えてくれました。「トリツカレ男」,「ぶらんこ乗り」などいしいしんじさんの作品です。まずは本屋に行ってみましたが,近所の小さな書店では手に入らず,ネットで購入しました。昨日届いたので「トリツカレ男」を読み始めると,あっという間に引き込まれてしまいました。

 When NHK's “SONGS” featuring Yoshizawa Kayoko was broadcasted, there was a scene where her book shelves were shown. To my disappointment, I found that most books there were what I didn’t know. But one of my best friends told me about some of them. They were  Ishii Shinji's works like “Toritsukare Otoko” , ”Buranko Nori” and so on. I went to a bookstore to get them but I couldn’t because the bookstore in my neighborhood was so small, so I ordered them online. They were delivered yesterday and I started to read “Toritsukare Otoko” finding myself absorbed in an instant. 

 

 ふとしたきっかけで憑りつかれたように何かにハマってまうジュゼッペは,町のみんなから「トリツカレ男」と呼ばれていました。オペラや三段跳びなど他愛もないことにハマっていたうちはよかったのですが,風船売りの少女ペチカに出会った彼が憑りつかれてしまったものとは・・・。たいへんよい読後感をもって終えることができました。数か所で涙が出ました。とても平易な文章で,童話と言っても差し支えない印象があります。なぜか宮沢賢治を思い出しました。このような本が吉澤嘉代子さんの創る世界の土台にあるならば,それはやはり素敵なことだと思いました。

 Giuseppe who is always into something as if he is obsessed with it is called “Toritsukare Otoko” by people in the town. There was no problem while he was into trifles like Operas, the hop-skip-and-jump and others, but the encounter with a girl named Pechka who selled balloons has changed things perfectly…. I finished reading this book with deep satisfaction. I even cried in some parts. The sentences are really easy to understand and I have an impression that you can call it a fairytale. It somehow reminded me of some pieces of Miyazawa Kenji. I thought it’s fantastic if this kind of books were some part of the foundation of the world Yoshizawa Kayoko created.

youtu.be