turkeyriceのブログ

日記を兼ねて自分のスキルアップのために日々の関心事を日本語プラス英語で書いてみます。

「へうげもの」読んじゃいました。

 

 

  マンガ「へうげもの」をついに読んでしまいました。戦国武将古田織部について描かれたマンガです。古田織部は,戦国武将でありながら,優れた陶工であり,その時代の数寄者の第一人者でした。彼は,剽げること,人を笑わせることを大切にしました。それが戦をなくし,世を平和にすることになると考えていたのです。この考えは歴史の中で証明されていると思います。人々が,特に政治家がユーモアのセンスを失くした時代に戦争は起きています。トランプをはじめ,各国の指導者はこのマンガ必読です。このマンガが若者たちに多くの支持を得ていることをとてもうれしく思っています。おっと,このくそ文章自体,ユーモアのセンスゼロで申し訳ないです。この秀逸なマンガはただ楽しむに限りますね。

 I've finished reading the manga "Hyougemono" with great reluctance. That is a series of manga featuring a Japanese commander called Huruta Oribe in the Warring States period. Huruta Oribe was not only a commander but also a great pottery and, what's more, the best "sukisya" in that era. He put a high value on being funny or making people laugh. That way, he believed, people can get rid of war and keep the world peaceful. I believe this idea has been proved in history, because war happened in the period when people, especially politicians lost their sense of humor. It is must for the leader of each country, including the U.S. president Donald Trump, to read this manga, I guess. I'm very glad to know the fact that so many young people like this manga. Oops, this damn essay perfectly lacks a sense of humor, sorry. You should just enjoy this excellent manga.

 ところで,「数寄者」って辞書で引いてみると,a man of refined taste となっていました。あまり数寄な感じはしませんね。

 By the way, I found the meaning of "sukisya" in my dictionary as "a man of refined taste". That doesn't sound refined, does it?